メルカリでブロックして嫌がらせ防止 機能や効果、設定方法、解除の方法について

メルカリは誰でも使用でき簡単に商品を売ったり購入したりできるフリマアプリです。

しかし、簡単に利用できるサービスが故にマナーが悪い人が利用する事もあります。

 

マナーが悪い人とやり取りをして嫌な思いをしたり、商品のやり取りでトラブルになったという人もいると思います。

そういったトラブルを事前に防止できるブロックするという機能があります。

 

メルカリでブロックするとどんな効果があるのでしょうか。

またブロックする方法はどうやって行えば良いのでしょうか。

ここではメルカリでブロックする方法や嫌がらせを防止するやり方について紹介していきます。

 

メルカリでブロックして嫌がらせ防止

メルカリを利用していると嫌がらせをされたりする事があります。

嫌がらせをされると気持ち良く取引できませんし、トラブルに発展してしまう可能性があります。

 

そうならないようにするためにもブロック機能を利用すると良いと思います。

ブロック機能をしっかりと使いこなせるようにするためにも、まずはブロック機能について詳しく紹介していきます。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • メルカリのブロック機能とは
  • ブロック機能はどんな時に使う?
  • 事務局に報告・通報する

それでは詳しく解説していきます。

 

メルカリのブロック機能とは

まずはメルカリのブロック機能ついて紹介していきます。

ブロック機能は特定の方を自分に対する操作に対して制限を与える事ができます。

 

与えられる制限は

  • 購入
  • コメント
  • いいね
  • フォロー

以上の制限ができるようになります。

 

またブロック時の注意点は下記の通りです。

  • ブロックしても相手には通知はいきません。
  • 取引中のブロックはできませんので、取引中の場合は継続となります。
  • ブロックしたい場合はアプリからのみ対応できます。

 

ブロック機能についてはこちらの動画でも解説しています。

 

ブロック機能はどんな時に使う?

ではどんな時にブロック機能を使うのでしょうか。

よく使う事例をまとめてみましたのでご覧頂ければと思います。

  • マナーが悪い人
  • 言葉遣いが悪い人
  • 繰り返し値下げをお願いしてくる人
  • 購入後にキャンセルを繰り返す人
  • コメントしたまま返信が無い人
  • 取引中のやり取りなどでトラブルがあった人

このような場合にブロック機能を使用しているケースが多いです。

 

ブロックをしたとしてもトラブルになる可能性はあります。

その場合はそこでブロックする事でトラブルの再発を防止するという役割を果たせます。

自分が気持ちよく取引を行うためにも必要であればブロック機能を利用するようにしましょ。

 

事務局に報告・通報する

メルカリでは嫌がらせや迷惑行為をされたときに事務局に報告するというシステムがあります。

出品してはいけない商品の出品を見かけた場合も「不適切な商品の報告」として事務局に報告する事ができます。

 

ブロックすれば自分は被害を受けなくなりますが、また他の人が被害に受ける可能性があります。

そういった被害を防止するためにも必要であれば事務局に連絡する必要があります。

 

メルカリを利用する人が快適に利用するためにも利用者が通報する事は大切になってきます。

 

機能や効果、設定方法、解除の方法について

それではブロックのやり方や設定方法、解除方法などについて紹介していきます。

設定の操作自体はとても簡単なので初めてでもスムーズにできると思います。

 

合わせて事務局に報告する方法も紹介しますのでご覧頂ければと思います。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • ブロックの設定、解除方法について
  • ブロックする効果について
  • 事務局に報告・通報するやり方について

それでは詳しく解説していきます。

 

ブロックの設定、解除方法について

まずはブロックする方法について紹介していきます。

ブロックする場合はブロックしたい会員ページにいき、右上にある「…」をタッチします。

Androidの場合は「︙」をタッチします。

 

タッチすると「この会員をブロック」という表示がでますので、選択するとブロックする事ができます。

ブロックした会員を解除する時も同様の手順で解除する事ができます。

またマイページ→個人情報設定→ブロックした一覧からブロックした会員一覧を確認する事ができます。

 

ブロックする効果について

それではブロックするとどんな効果があるのでしょうか。

まずブロックすると購入、コメント、いいね、フォローが出来なくなります。

 

購入できないという事は取引中のトラブルを防止する事ができるので、取引中不安な思いをしなくなります。

またコメントをする事もできなくなるので、悪質な値下げコメントや質問を見る必要がなくなります。

 

メルカリにコメントが来ると通知されますが、また同じ人から悪質なコメントだよなどとストレスを抱える事がなくなります。

マナーの悪い会員をブロックする事で快適にメルカリを利用する事ができるようになります。

 

事務局に報告・通報するやり方について

最後に事務局に報告、通報するやり方について紹介します。

ブロックだけではなく必要であれば事務局に通報しましょう。

 

悪質なコメント、嫌がらせコメントをされた場合は「コメントの報告」から事務局に報告する事ができます。

まずはコメントされたページにアクセスします。

全てのコメントを見るをクリックして該当コメントの旗マークを選択します。

 

そうするとコメント報告画面に移動しますので、報告理由を選択し問い合わせ内容を記載しましょう。

記載後は下記にある「事務局に報告する」をタップすれば完了となります。

 

メルカリでブロックして嫌がらせ防止まとめ

ここではメルカリでブロックして嫌がらせ防止する方法について紹介させて頂きました。

メルカリは誰でも簡単に利用できるというメリットがありますが、それが故にマナーの悪い人も簡単に利用する事が出来てしまいます。

 

ですので、必ず悪質なコメントがされると思いながらメルカリを利用していた方が良いです。

嫌がらせを受けた場合はトラブルを防止するという意味も含めブロックするようにしましょう。

また必要であれば事務局に報告する事も大切だと思います。

 

メルカリを利用している人の一部は民度が低く、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

メルカリの民度についてはコチラで詳しく解説していますのでご覧頂ければと思います。

➡メルカリの民度が低い理由 コメントの返信の仕方や対応策について