メルカリ売れる法則とは?販売のコツを初心者でも分かりやすく解説

メルカリで商品を出品しているけどなかなか売れないという人がいると思います。

また、物販ビジネスを始めたいけど本当にメルカリで売れるの?と思う人もいると思います。

 

メルカリには商品が売れる法則があります。

この法則を知っておくことで売れ行きが大幅にアップすると思います。

 

ここでは初心者の方でもできる売り方のコツを法則について紹介していきます。

 

メルカリ売れる法則とは?

メルカリにはどんな法則があるのでしょうか。

まずはメルカリとはどういったプラットホームなのか詳しく紹介していきます。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • メルカリのユーザーはどのぐらい?
  • 商品のターゲットは?
  • 出品する時間帯を意識する

それでは詳しく解説していきます。

 

メルカリのユーザーはどのぐらい?

まず最初に紹介する内容はメルカリのユーザー数についてです。

フリマアプリにはラクマやヤフオクなど色々な種類がありますが、その中でもトップクラスの利用者がいるのがメルカリです。

 

2020年のアクティブユーザーは1,450万人以上おり、とても活発なマーケットと言えます。

取引されている件数も多く、1日約約40万という事です。

年間の取引数となると約1億4000万以上という事になります。

 

これだけユーザー数が多く、取引件数も多いので初心者でも販売しやすいプラットホームと言えます。

 

商品のターゲットは?

続いて紹介する内容な商品のターゲット層についてです。

自分が出品、販売する商品が主婦、サラリーマン、学生、男性、女性などどの層を狙っているのか考えて出品する必要があります。

 

またメルカリでは日常で使用頻度が高い物を出来るだけ安く購入したいという人が多いです。

こういったニーズに合わせて商品を出品すると売れ行きが良くなります。

 

また利用している人は男性よりも女性が多く、女性向けのファッション系や化粧品、子供用品などが売れやすいです。

 

出品する時間帯を意識する

続いて紹介する内容は出品する時間帯についてです。

まず販売する商品がどの層をターゲットにしているのかで出品する時間帯が変わってきます。

 

例えば主婦をターゲットとしている場合であれば昼過ぎの落ち着いた時間に出品するのがオススメで、学生であれば授業が終わったころの夕方に出品するのがオススメです。

サラリーマンであれば仕事が終わった18時過ぎに出品するなど、狙うターゲット層によって出品する時間を変えると売れ行きが良くなります。

 

なぜこういった出品時間が大切かと言うと、メルカリは商品を出品した瞬間タイムラインの一番上に表示されます。

その後時間が経つにつれタイムラインの下の方に下がってきます。

 

つまり出品した瞬間が一番購入者の目に付きやすいという事になります。

そのため出品する時間は商品を売れやすくするためのポイントの1つという事になります。

 

時間帯を狙って売れやすくする方法はコチラでも紹介しています。

➡メルカリで値下げするタイミングは?売れやすい時間帯を狙って効率良く売る方法

 

販売のコツを初心者でも分かりやすく解説

続いて販売するコツについて紹介していきます。

コツを知っているか知らないかで売れ行きは大きく変わってきます。

 

初心者でも実践しやすい内容となっているので試して頂ければと思います。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 商品画像について
  • タイトル・商品説明文について
  • 出品する金額について

それでは詳しく解説していきます。

 

商品画像について

まず最初に紹介する内容は商品画像についてです。

メルカリで商品を売るには商品画像は重要で特にトップ画は購入者の目に付きやすいので1番のポイントとなります。

商品の画像を撮影する時も暗い画像になってしまうよりも、明るい画像の方が印象が良いので売れ行きも変わってきます。

 

またメルカリでは10枚画像を添付する事ができるので、できるだけ画像を載せて上げた方が良いです。

トップ画を正面から撮影し、左右の画像、後ろの画像、機能部分のアップなど。

 

また明るくて見た目の良い画像を撮影するには撮影ボックスなどを使用すると綺麗が画像が撮影できます。

継続的にメルカリで商品を出品する方は撮影ボックスを使用すると良いと思います。

撮影ボックスについてはコチラで詳しく紹介しています。

➡物販初心者が綺麗に商品写真を撮る方法 オススメ撮影ボックスで簡易スタジオに!

 

タイトル・商品説明文について

続いて出品する時に大切になってくるのがタイトルと商品説明文です。

タイトルは40文字入力できるので、出来るだけ文字数の限界まで入力しましょう。

 

例えばトートバックを出品する時にタイトルが「トートバック」だけでは検索する時の検索ワードに引っかかりにくくなってしまいます。

検索する時のワードに引っかかりやすい方が購入者の目に付きやすくなり、目につきやすいという事はそれだけ売れる可能性が高くなるという事になります。

ですので、ただトートバックとタイトルを付けるのではなく「トートバック レディース ブラック A4サイズ収納可能 大容量」など特徴や機能面もタイトルに組み込むと良いです。

 

商品説明文では画像では分りにくい部分を記載しましょう。

例えばサイズであったり、素材であったりなどです。

詳しく記載する事で売れ行きも良くなりますし、購入後のトラブルを無くすという効果もあります。

 

出品する金額について

最後に紹介する内容は出品する金額についてです。

出品、販売する商品を購入した時の金額を参考に値付けをする人が多いですが、メルカリには相場という物があります。

ですので、購入した時の金額で出品するとメルカリの相場よりも高くなってしまい、売れない場合が多いです。

 

商品を出品する時は同じ商品、類似した商品がいくらで売れているのかリサーチしましょう。

リサーチする事により自分がこれから出品する商品がいくらぐらいで売れるのかが見えてきます。

 

相場に合わせる事で商品が売れやすくなりますし、売れない金額で出品していてもほとんど売れる事はありません。

効率良く出品、販売するためにも一度相場を確認してから商品を出品するようにしましょう。

 

メルカリ売れる法則まとめ

ここではメルカリの売れる法則について紹介させて頂きました。

メルカリはフリマアプリの中では圧倒的な利用者数を誇っており、スマホがあれば誰でも販売、購入できるので初心者でも参入しやすいプラットホームです。

 

しかし、なんでも売れるという訳ではありません。

まず確認する事は

  • 商品のターゲット層
  • 出品する時間帯

こちらを意識して出品する事です。

これだけでも売れ行きが良くなってきます。

 

続いて販売するコツは

  • 商品画像
  • タイトル・商品説明文
  • 販売額

こちらを気を付けながら出品するという事です。

内容は初心者でも簡単に出来る内容ですので、出品するときに試して頂ければと思います。

 

またメルカリでは送料を安くするのが売上アップのポイントです。

送料を安くするオススメな方法はコチラで詳しく紹介しています。

➡メルカリで圧縮袋を使って送料を安くする方法 コストを抑える発送テクニックを紹介