物販初心者が綺麗に商品写真を撮る方法 オススメ撮影ボックスで簡易スタジオに!

  • 2021年1月12日
  • 物販
  • 11View
  • 0件

物販ビジネスでは商品をECサイトやフリマアプリに出品します。

その際に商品の撮影を行う必要があります。

 

もちろん商品の撮影は綺麗に取らないと売れ行きが悪くなってしまい、綺麗に撮影できればそれだけ商品が売れやすくなります。

特に初心者の場合は商品の撮影が上手くいきませんし、性能の良いカメラがあったりする訳でもありません。

 

ではどうすれば商品写真を綺麗に撮影できるのでしょうか。

ここでは初心者でも綺麗に撮影できる方法について紹介していきます。

 

物販初心者が綺麗に商品写真を撮る方法

綺麗に写真を撮るには性能の良いカメラを使用するという事もありますが、それだとかなりの費用がかってしまいます。

今はスマホのカメラの性能も良いので、撮影はスマホで十分に可能です。

 

撮影する時に商品の撮り方を注意すれば初心者でも綺麗な写真を撮影する事ができます。

まずはどうやって商品を撮影すれば綺麗に撮れるか紹介します。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 商品の特徴を捉える
  • 商品のピントを合わせる
  • 背景の調整をする
  • 明るさの調整をする

それでは詳しく解説していきます。

 

商品の特徴を捉える

まずポイントとなってくるのが商品の特徴をしっかりと捉えて撮影するという事です。

商品を撮影する位置や角度によって商品のイメージが変わってきます。

 

商品の形やサイズ、色や素材、質感などが伝わるように撮影しましょう。

どの角度、位置から撮影すれば良いのか分りにくい場合は、一度撮影してみて撮影した写真を見比べてみると分りやすいです。

 

商品のピントを合わせる

次に商品のピントを合わせるという事です。

ピントを合わせることで写真にメリハリが出て綺麗に見えるし、質感なども伝わりやすくなります。

 

ピントが合っていないとぼやけてしまい、それだけで汚く見えてしまいます。

また、質感なども伝わらないので売れにくい商品写真となってしまいます。

 

背景の調整をする

続いてのポイントは背景です。

目立った背景で撮影してしまうと商品が目立たなくなってしまうため、シンプルな背景で撮影するのが良いです。

オススメな背景は白、黒など単色カラーとなります。

 

自宅で商品撮影をする場合は床などに商品を置き撮影している写真があったりします。

商品が分かりやすければ良いですが、購入者からしてみるとあまり良い写真に見えません。

 

また、Amazonに出品する場合は背景が白と決まっています。

ですので、自宅で撮影する場合は白い布などを背景にして撮影すると良いと思います。

 

明るさの調整をする

最後に紹介するポイントは明るさです。

せっかく綺麗に商品を撮影しても、画像が暗いとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

 

部屋の明かりを明るくして、なるべくライトの光が当たっている場所で撮影した方が良いですが、それでも明るさが足りない場合があります。

そういった場合は自宅でも簡単に使用できる撮影ボックスを使用すると良いです。

簡易スタジオとして商品を撮影できるので、明るくて綺麗な写真が撮れます。

 

オススメ撮影ボックスで簡易スタジオに!

商品を撮影するのに簡単で綺麗に写真を撮る方法に撮影ボックスを使用するという方法があります。

撮影を業者に依頼するとかなり費用がかかってしまいます。

 

しかし、撮影ボックスはかなり安い金額で購入でき、長い間使えるので費用対効果が良いと思います。

ではどんな撮影ボックスを使用するのが良いのでしょうか。

 

ここで紹介する撮影ボックスは下記の通りです。

  • 次世代撮影ボックス『革明』
  • 撮影ボックス60cmバックスクリーン付き
  • 背景スタンド布バック付き

それでは詳しく見ていきましょう。

 

次世代撮影ボックス『革明』

まず最初に紹介するのはは「次世代撮影ボックス『革明』」です。

明るさが調整できるのが特徴的な撮影ボックスです。

 

調光10段階の調整が可能で、140灯LEDサイトなので十分な明るさで商品の撮影が可能です。

背景も白以外にも黒、赤、緑があるので、商品のイメージに合った背景で撮影する事ができます。

 

撮影ボックスのサイズは縦43㎝×横40㎝×奥行40㎝になっています。

アパレル商品などの撮影はできませんが、財布やキーケースなどの小物を撮影するには十分なサイズです。

普段使用しないときは専用の収納バッグがあるので、それに収納しておくことで場所にも困らず収納しておけます。

 

撮影ボックス60cmバックスクリーン付き

続いて紹介する撮影ボックスはサイズが60cmある物になります。

バッグやリュックなど少し大きいサイズの商品を撮影するのにオススメな撮影ボックスです。

 

バックスクリーンのカラーは「ホワイト」「ブラック」「レッド」「ブルー」「グリーン」「オレンジ」の6色があります。

これだけの種類の背景があれば、より商品のイメージを良くする背景演出をする事ができます。

 

コンパクト設計されているので、専用バックに収納して持ち運びはもちろん保管場所にも困りません。

撮影する商品サイズが少し大きいのであればこちらの撮影ボックスがオススメです。

 

背景スタンド布バック付き

最後に紹介するのは背景スタンド布バック付きになります。

こちらは撮影ボックスには入らないアパレルなどの商品を撮影する時にオススメです。

 

自宅の空いたスペースを簡易スタジオ風にする事ができ、大きなサイズの商品も綺麗に撮影する事ができます。

伸縮式なので、商品のサイズに合わせて高さを調整する事ができます。

 

使用しないときは専用バックに収納して保管しておくことができます。

組み立ても簡単なので、使用する時にすぐに組み立てられるので使いやすいです。

大きいサイズの商品を扱う場合は持っていた方が良いアイテムになります。

 

綺麗に商品写真を撮る方法まとめ

ここでは物販初心者でも綺麗に商品写真が撮れる方法とオススメ撮影ボックスについて紹介させて頂きました。

商品の写真は販売に関係してくる重要なポイントとなります。

高額なカメラや撮影業者に依頼すれば綺麗な写真が準備できますが、最初はコストを掛けずに商品写真を準備したいところです。

 

まず商品を撮影する時のポイントですが、

  • 商品の特徴を捉える
  • 商品のピントを合わせる
  • 背景の調整をする
  • 明るさの調整をする

 

こちらを意識して撮影する事でスマホのカメラでも十分に綺麗な商品画像の撮影ができます。

 

またせっかく綺麗に撮影しても明るさが足りなかったら、それだけで印象の悪い商品画像に見えてしまいます。

そこでオススメなのが撮影ボックスを使用する事です。

 

今回紹介した撮影ボックスは

  • 次世代撮影ボックス『革明』
  • 撮影ボックス60cmバックスクリーン付き
  • 背景スタンド布バック付き

 

どれも明るく撮影できるので、自身の扱う商品に合わせて撮影ボックスを使用すると良いと思います。

特にAmazonで商品を出品している人は背景が白の画像が必要となります。

そのため、撮影ボックスがあると撮影が便利で綺麗な写真が撮れるようになります。