起業したいけどアイデアがない人が行うべきオススメな行動とは?

自分は約8年間会社員をしていましたが、会社員生活に嫌気が差したという事もあり起業しました。

実は会社員時代周りの人で起業したいと言っている人は何人もいました。

 

しかし、実際に会社を辞めて起業するという人はほとんどいません。

また起業して生活できるだけ稼いでる人となるとごくわすかです。

 

起業するにはアイデアが大切という人がいますが、実際はどうなのでしょうか。

また起業するという目的がある人が、起業に向かってどんな事をするのが良いでしょうか。

ここでは起業したいと思っている人が行うべきオススメな行動について紹介します。

 

起業したいけどアイデアがない

起業したいと思っている人は意外にも多いです。

起業すれば仕事する時間や休む日などを自由に決める事ができます。

会社という枠にとらわれなくなるので、自由な生活になると思っている人が多いです。

 

確かに会社員時代に比べると自由な時間が多くなり、時間に対してストレスは無くなりました。

こういうと自分も起業したいという人は多いですが、起業するアイデアがないんです。とこういった返答が多いです。

まずは起業したけどアイデアが無い場合はどうすれば良いのか紹介していきます。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 起業したいと思っている人は実は多い
  • そもそも起業するのにアイデアが必要?
  • 起業に踏み出せないのは情報不足

それでは詳しく解説していきます。

 

起業したいと思っている人は実は多い

起業したいと思っている人は実はかなり多いです。

できれば起業したいけど、何をするば良いのか分らない、安定性が無いから不安がある。

そう言った理由からなかなか踏み出せずにいる人ばかりです。

 

起業したいと言っている人が100人いたら、実際に起業するのはそのうちの10人ぐらいだと思います。

残りの90人はそう言いながらも結局はそのまま会社員をやっています。

 

そして10人起業したとして、起業後も事業主として成功できているのは1~3人ぐらいです。

残りの人は起業後うまくいかず再就職している人です。

 

起業するというのは勇気が必要でなかなかできる事ではありません。

更に起業後に稼ぎ続けるとなると更にできる人は少なくなっています。

 

そもそも起業するのにアイデアが必要?

起業したいけど良いアイデアがない。

何か良い事を思いつければ起業できるんだけどなあ。

そんな事を言っている人がいますが、良いアイデアを思いつくのを待っていたら人生終わってしまいます。

 

起業して成功するか失敗するかは、そもそもアイデアで決まるものではありません。

それよりもどうやって事業を進めていくか、上手くいかないときはどうやって修正するか、という事の方が重要です。

 

そもそも世の中には起業している人はたくさんいます。

起業して成功する可能性の高い方法は、起業している人の真似をする事です。

起業するのに今まで誰もやったことが無いような真新しい事をやる必要はありません。

 

起業に踏み出せないのは情報不足

起業したいけど結局そのまま会社員をやっている人が多数です。

起業できない理由に資金が無いという理由もある人もいますが、基本的には起業するための情報不足です。

 

どうやってお金を稼ぐのか、起業したらどうやって運営すればいいのかなどの情報が不足しているから不安になります。

起業する前に起業するのに必要な情報をできるだけ集めてみましょう。

 

情報があればあるだけ準備もしやすくなりますし、リスクに対する対策もしやすくなります。

 

起業するために行うべきオススメな行動とは?

起業したいと思っているのであれば、起業する準備としてオススメな行動があります。

いきなり起業するとやはりリスクは高いので、しっかりとした準備をする事でリスク回避をする事ができます。

 

では起業するためにするオススメな行動とはどんな事なのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • まずは副業をしてみる
  • 色々なセミナーに参加する
  • 起業するための思考を身に付ける

それでは詳しく解説していきます。

 

まずは副業をしてみる

まず最初に紹介する内容は副業をしてみるという事です。

副業する事で自分の力でお金を稼ぐというスタイルが身に付きます。

 

会社員は決められた時間勤務していれば、仕事で成果が出ず失敗しても決められた給料を貰う事ができます。

しかし、副業は自分で行動し成果を出さないと給料を出す事ができません。

ですので、副業をして自分の力で稼ぐという事を覚える必要があります。

 

副業で稼ぐ事ができたら、副業の利益を伸ばしていきそのまま起業するという事も可能です。

実際この方法がリスクが少なく起業できる方法です。

副業している人で本業よりも稼いでいるという人はいます。

 

こちらでも詳しく紹介しているのでご覧頂ければと思います。

➡失敗しないで安定して起業する方法は?これをやれば脱サラ後のリスク回避ができる

 

色々なセミナーに参加する

続いて紹介する内容は色々なセミナーに参加してみるという事です。

会社の中にいると似たような思考の人たちばかりの関わりとなってしまいます。

 

しかし、セミナーには色々な内容があり色々な人が参加します。

普段かかわりのないような人の意見が聞けたりするので新鮮で良い刺激を受ける事ができます。

 

また起業に関するノウハウを学べたりもするので、自己啓発としてプラスになる事が多いと思います。

セミナーには無料で参加できるものもあれば、数千円~数万円の費用が発生するものもあります。

数万円だと少し参加しにくいですが、数千円でしたら自己投資として参加するのがオススメです。

 

起業するための思考を身に付ける

最後に紹介する内容は起業するための思考を身に付けるという事です。

会社員は給料を貰っている立場ですが、起業すると給料は自分で稼がなくてはいけません。

 

仕事の成果が給料に直結するので、失敗は許されません。

会社員は失敗しても給料は貰えるので、仕事に対する思考や行動が全く違います。

 

会社員をしているとどうしてもこのマインドが身に付きません。

起業してからつけようと思っても遅いので、会社員の時から起業して成功するマインドを身に付ける必要があります。

 

起業するための思考についてはコチラでも詳しく紹介しています。

➡起業して稼いでいる人と会社員、サラリーマンの行動と思考の違いとは

 

起業したいけどアイデアがないまとめ

ここでは起業したいけどアイデアがない人が行うべきオススメな行動について紹介させて頂きました。

起業したいけどアイデアが無いというのはそもそもナンセンスで、アイデアを思い浮かぶのを待っていたら人生終わってしまいます。

起業して成功するのはアイデアよりも大切なものがあるので、まずはそれを理解する必要があります。

 

起業したいと思ってる人がするオススメな行動では

  • まずは副業をしてみる
  • 色々なセミナーに参加する
  • 起業するための思考を身に付ける

こちらについて紹介させて頂きました。

 

いきなり起業するとリスクは高いですが、起業を見越して準備する事でリスクを低くする事ができます。

起業に不安を持っている人は起業に対する情報が不足しているからです。

 

十分な情報量があれば不安も少なくなるし、リスクに対する対策もする事ができます。

自分はかなり勢いで起業してしまいましたが、今思えばしっかりと準備をして起業するべきだったと思っています。