サラリーマンが起業するデメリット 退職する前に知っておきたい内容

サラリーマン、会社員をやっている人で起業したいと思っている人は意外と多くいます。

自分も起業する前は会社員として約8年間勤務していました。

 

起業すると時間や仕事が自由になり、楽しい人生が送れそうなイメージがあります。

確かにサラリーマンと比較すると良く見える部分もあります。

 

しかし、サラリーマンの方が良かったなと思う部分もありメリットばかりではなくデメリットもあります。

起業したいと思っているのであればメリットばかりではなく、しっかりとデメリットも把握しておく必要があります。

デメリットを知らずに起業してしまうと、起業後痛い目を見がちです。

 

ここではサラリーマンが起業するデメリットについて紹介していきます。

 

サラリーマンが起業するデメリット

それではサラリーマンが起業するデメリットについて紹介していきます。

自分以外の起業した人も同じことを思っている人は多いです。

 

ではどんな事がデメリットと感じるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 給料が安定しない
  • 福利厚生がない
  • 成功するかどうかは自分次第

それでは詳しく解説していきます。

 

給料が安定しない

まず最初に紹介する内容は給料が安定しないという事です。

サラリーマンをしていると仕事の成果に関わらず毎月決められた給料を貰う事ができます。

これは会社自体の業績に関わらず給料は貰う事ができます。

 

しかし、起業すると給料は全て成果報酬となります。

仕事で結果を出さないと自分の給料が発生しないという状況です。

 

起業して成功するという事は一時的に稼げば良いのではなく、ずっと稼ぎ続けるという事です。

瞬間的に稼ぐ事はやりやすいですが、継続的に稼ぎ続けるというのは難しい事です。

 

福利厚生がない

次に紹介する内容は福利厚生がないという事です。

サラリーマンであれば会社が福利厚生を負担してくれていますが、起業すると全て自分で行う必要があります。

 

そのため、普段はそんな金額は気にしていなかったとしても思った以上の金額を支払う事になってしまいます。

しっかりと利益が出せないと支払いで利益が全てなくなってしまうなんてこともあり得てしまいます。

 

成功するかどうかは自分次第

会社の一員として働いているサラリーマンであれば、自分が仕事をしなくても誰かがやってくれます。

誰かが出来なかったりやらなかった分を周りの人がフォローするというのが組織の強みだと思います。

 

しかし、起業すると自分の仕事をフォローしてくれる人は誰もいません。

外注という形でフォローしてもらう事は可能ですが、フォローしてもらった分の報酬を支払う必要があります。

 

自由に仕事ができる反面、自己管理をしっかりとしないとダラダラと時間が過ぎてしまいます。

誰も助けてくれる人はいないので、自分自身しっかりと作業をして結果を出すようにしなくてはいけません。

 

退職する前に知っておきたい内容

起業するデメリットについて紹介させて頂きましたので、続いては退職する前に知っておきたい内容について紹介します。

起業を目的としているのであれば、サラリーマンの時に身に付けたい内容になります。

 

ではどんな事を身に付けておくと良いのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 自分で稼ぐ能力を身に付ける
  • 色々な研修やセミナーに参加する
  • 副業を始める

それでは詳しく解説していきます。

 

自分で稼ぐ能力を身に付ける

最初に紹介する内容は自分の力で稼ぐ能力を身に付けるという事です。

サラリーマンは仕事で成功しようが失敗しようが決められた給料が貰えます。

 

しかし、起業すると給料が貰えるのは成功するしか方法がありません。

ですので、自分の力でお金を稼ぐという思考と行動が必要です。

 

起業したばかりの人で一番欠けている思考が自分で稼げるかどうかと言う事になります。

サラリーマンの時からとにかく結果にこだわり、成果を上げる思考と行動をクセにし、身に付けておく必要があります。

 

色々な研修やセミナーに参加する

続いて紹介する内容は研修やセミナーに参加するという事です。

サラリーマンの時は会社で研修やセミナーを受けさせてもらう場合もあります。

また、良い上司が見本となり自分自身を成長させてくれる事もあります。

 

しかし、起業すると上司がいなく自分を成長させる事が難しくなってしまいます。

色々な本を読んだりセミナーに参加する事はもちろんするべきですが、起業した後に余裕がないとできません。

 

会社員の時になるべく色々なノウハウや知識を身に付けておくことで起業後役に立つと思います。

色々な知識やノウハウという情報があると、起業に対する不安もなくなります。

 

副業を始める

最後に紹介する内容は副業を始めるという事です。

副業と言っても、アルバイトをして稼ぐのでは意味がありません。

あくまでも起業の練習といった感覚で出来る副業が良いです。

 

オススメな副業は物販ビジネスです。

物販は初心者でも利益が出しやすく、やった分だけ成果が出やすいです。

僕も物販ビジネスで初心者から始めて開始4か月で月利30万以上を達成する事ができました。

 

自分の力で稼ぐ能力を身についてるには良い副業だと思います。

また物販であれば本業が忙しくても始めやすいビジネスです。

こちらで詳しく紹介しているのでご覧頂ければと思います。

➡本業が忙しくても副業はできる?時間を作るオススメな方法を紹介

 

サラリーマンが起業するデメリットまとめ

ここではサラリーマンが起業するデメリットについて紹介させて頂きました。

起業するとサラリーマン時代には考えられなかったようなメリットがありますが、それ同様のデメリットもあります。

メリット、デメリットの両方を把握したうえで起業するかどうか選択する必要があります。

 

起業すると発生するデメリットでは

  • 給料が安定しない
  • 福利厚生がない
  • 成功するかどうかは自分次第

こちらについて紹介させて頂きました。

 

サラリーマン時代にやっておきたい事では

  • 自分で稼ぐ能力を身に付ける
  • 色々な研修やセミナーに参加する
  • 副業を始める

こちらについて紹介させて頂きました。

ここではオススメな副業は物販と紹介しましたが、別に物販でなくても構いません。

自分のスキルで成果を上げる事ができる副業であれば、他のビジネスでも良いと思います。

 

やってはいけない副業についてはコチラで詳しく紹介しています。

➡やってはいけない副業とは?おすすめしない理由と特徴 初心者がやりがちな失敗について