アフィリエイトのSEO対策とは?文字数や記事数との関係や仕組みについて

僕はアフィリエイトをほぼ独学でスタートしました。

その結果毎日記事を更新し続け、開始3か月の収益はわずか5,000円程でした。

 

その後SEO対策について教えてもらい、今までの記事をリライトし新しく公開する記事はSEO対策を意識しながら書きました。

SEO対策をした結果開始6か月で収益が20万円を超えました。

 

今までほとんど成果がなかったのにSEO対策を意識したら急激にブログが伸びました。

ブログを書くにあたりSEO対策は重要と言う事がわかりました。

 

ではSEO対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

文字数や記事数との関係性や仕組みはどうなっているのでしょうか。

ここではSEO対策について初心者でも分かりやすく解説していきます。

 

アフィリエイトのSEO対策とは?

それではアフィリエイトのSEO対策について紹介していきます。

SEO対策というのはよく聞きますが、そもそもSEOとはなんなのでしょうか。

まずは基本的なSEOについての知識や考え方について紹介します。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • SEOとは?
  • 検索エンジンの仕組み
  • SEOの考え方について

それでは詳しく解説していきます。

 

SEOとは?

まずはSEOについて紹介します。

SEO(エスイーオー)はSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)を略したものになります。

これを日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味になります。

 

検索エンジンは収集した情報の中からユーザーの意図を正確に把握し、ニーズに合った情報を提供するシステムです。

SEO対策をするという事は、検索エンジンを通して自分のサイトの閲覧者が増えるように調整する方法です。

 

Googleで検索したときに上位表示されるサイトはSEOが高いサイトと言えます。

 

検索エンジンの仕組み

続いて検索エンジンの仕組みについて紹介します。

検索エンジンはキーワードを入力すると、入力したキーワードに関連する情報を探してくれるシステムです。

 

この仕組みやアルゴリズムは非常に複雑になっています。

すべて把握しようとしてもキリがありませんので、SEOのメカニズムを理解するというよりも自分のサイトに検索エンジンの仕組みをどうやって活かしていくかという事がポイントになります。

 

どんなに作り込んだサイトでも、訪問してくれる方がいないと意味がありません。

そして多くのユーザーはキーワード検索をして表示された1ページ目にあるサイトをクリックします。

 

そのため、自分のサイトがなるべく上位表示されるようにSEO対策を行い、閲覧者を増やす必要があります。

 

SEOの考え方について

最後にSEOの考え方について紹介します。

キーワード検索をして上位表示されるほとんどのサイトはSEO対策がしっかりと出来ているサイトです。

上位表示させるためのテクニックはもちろんあります。

 

しかし、そういったテクニックよりも大切になるのがユーザーのニーズに答える記事を作る事です。

キーワードだけを寄せ集めた記事とユーザーのニーズに答えるというのは別の意味になります。

 

せっかくユーザーが訪れてもすぐに離脱してしまい、ページ滞在時間が短くなってしまいます。

ページ滞在時間が短くなるとGoogleからは良いサイトではないという評価をされてしまい、検索順位が下がってしまいます。

 

キーワードを選定する事はもちろん大切ですが、それよりも大切になってくるのがユーザーのニーズに答えられてるかどうかという事です。

 

SEOの文字数や記事数との関係や仕組みについて

続いてSEOの文字数や記事数との関係や仕組みについて紹介していきます。

キーワードを選定する事はもちろんですが、SEO対策をするには具体的に何を行えば良いのでしょうか。

また記事の文字数や記事数はどのようにSEOに関わってくるのでしょうか。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • キーワードと文字数はどちらが大切?
  • サイトの記事数とSEO効果について
  • 検索順位を決める仕組み

それでは詳しく解説していきます。

 

キーワードと文字数はどちらが大切?

SEO対策でキーワードと文字数はどちらが大切になるのでしょうか。

それは両方大切という事になりますが、キーワードによっては文字数が関係ない場合もあったりします。

 

検索したらすぐに調べられて結論が分かるというスピード部分もネットでは重要となってきます。

とは言え文字数が少なくても良いという訳ではありません。

 

となるとユーザーにとっても分りやすく、検索エンジンからも評価される記事を作らなくてはなりません。

そのために出来る事は

  • タイトルを見れば結論が分かる
  • 箇条書きを加えて分りやすくする
  • 動画や画像を入れる

などの工夫があると良いのではと思います。

 

サイトの記事数とSEO効果について

続いてサイトの記事数とSEO効果について紹介します。

文字数が多くて少ない記事数と、文字数が少なくて記事数が多いサイトはどちらが上位表示されやすいのか気になると思います。

 

ここでまず1つ言えることは検索エンジンが拾ってくるキーワードの量が異なってくるという事です。

記事数が多い方がサーチコンソールなどで現れるキーワードの数量が違います。

キーワードがたくさんあれば次の記事を書くときに参考にする事もできます。

 

最初のうちはどのキーワードが上位表示されるか分りにくいです。

たくさんの文字数で書いた記事で狙っているキーワードがそもそも表示回数の少ないキーワードだったら意味がありません。

どのキーワードが検索に引っかかりやすいのかを知るためにも、まずは文字数を増やすよりも記事数を増やした方が効果的だと思います。

 

検索順位を決める仕組み

最後に紹介する内容は検索順位を決める仕組みについてです。

Googleはクローラー(Googlebot)と呼ばれているシステムにネット上をクロールさせています。

 

インターネット上をクロールする事で大量のページをインデックスして、その中から検索されたキーワードとの関連性が高い記事を上位表示させています。

キーワードの関連性だけではなく、ページの滞在時間なども評価され総合的に良い記事と判断される必要があります。

 

更にはキーワードだけではなく、画像やレイアウト、リンクなども読み取りページを評価します。

キーワード以外にも総合的な部分から見て評価されないと上位表示はされないという事になります。

 

アフィリエイトのSEO対策まとめ

ここではアフィリエイトのSEO対策について紹介させて頂きました。

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)を略したものとなり、日本語にすると「検索エンジン最適化」という意味になります。

 

SEO対策とは検索エンジンを通して自分のサイトの閲覧者が増えるように調整する方法となります。

キーワードで上位表示されやすいようにするテクニックはありますが、それよりも大切なのはユーザーのニーズに答える記事を作るという事です。

ユーザーがせっかく自分のサイトを閲覧してくれても、ニーズに答えられていなとすぐに離脱してしまいます。

 

SEOの文字数や記事数との関係や仕組みでは

  • キーワードと文字数はどちらが大切?
  • サイトの記事数とSEO効果について
  • 検索順位を決める仕組み

について紹介させて頂きました。

文字数と記事数はどちらも大切ですが、ヒットするキーワードを見つけやすいという意味では記事数が多い方が効果的だと言えます。

 

SEO対策を行う事はサイトを作成する上で重要な事ですが、それよりも大切な事は訪れたユーザーのニーズに答えられているかどうかという事です。

ブログを書く上でSEOの認識を間違えずに記事を書くようにしていきましょう。

 

無料相談&アドバイスはコチラ

【隙間時間×副業で月10万円】

僕が物販で起業した経験を元に仕事や家事の合間に稼ぐ方法教えます。

●4ヶ月で月利40万達成した方法
●初心者でも初月から利益がでる仕組み
●隙間時間で稼ぐノウハウ

 

今だけ限定
*無料アドバイス*やります。

物販副業無料相談、アドバイス