メルカリ初心者出品方法 簡単にできるライバルに差をつける販売の仕方

  • 2021年2月23日
  • 物販
  • 11View
  • 0件

フリマアプリは色々な種類がありますが、一番利用者数が多いのがメルカリです。

メルカリは初心者でも簡単に商品が出品できるし、隙間時間などを活用して販売する事も可能です。

そのため、副業としてメルカリで商品を販売する人も増えてきています。

 

しかし、販売されている商品数が多いので初心者だと売れにくいという事があります。

なぜ初心者だと売れにくくなってしまうのでしょうか。

ここでは初心者でもできる販売方法の工夫、ライバルに差をつける出品方法について紹介していきます。

メルカリでなかなか売れない方、これから出品する方に参考になる情報をお伝えします。

 

メルカリ初心者出品方法

まずはメルカリの出品方法の基礎知識について紹介します。

出品にはルールがありますが、このルールを最大限に生かして出品する事が商品を売れやすくする1つのポイントとなります。

 

ですので、まずは出品のルールについて理解する必要があります。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 商品画像の枚数
  • タイトルと説明文
  • 発送方法と発送までの日数

それでは詳しく解説していきます。

 

商品画像の枚数

最初に紹介するのは商品画像の枚数です。

メルカリの場合は1つのページに対して画像を10枚添付する事ができます。

 

購入者の方からすると実物を目の前で見れる訳ではありませんので、画像が重要になってきます。

画像は10枚添付できるので、なるべく10枚アップしてあげた方が商品の詳細を伝えやすくなります。

 

正面、横、後ろ、中身、アップの写真など色々な角度からの画像を準備してあげると良いと思います。

 

タイトルと説明文

続いてタイトルと説明文です。

タイトルは40文字まで入力する事ができるので、こちらも40文字ぎりぎりまで入力できるタイトルにしましょう。

 

「メンズ ショルダーバッグ」だけだとキーワード検索に引っかかりにくくなってしまいます。

このタイトルにサイズ、カラー、素材、特徴などを付け加えると良いとです。

 

付け加えるとタイトルはこんな感じになります。

「メンズ 肩掛けショルダーバッグ ブラック PUレザー 大容量収納可能」

これだけで商品の閲覧数が上がるので、購入される確率もアップします。

 

説明文も同様でなるべく商品のサイズ、カラー、素材、特徴などを記載しましょう。

現物が見れる訳ではないので、この説明文が大切になります。

 

発送方法と発送までの日数

メルカリには「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という発送方法があります。

これは日本郵便やヤマト運輸とメルカリが提携しているため出来る発送方法で、匿名で送る事ができます。

 

メルカリの使用者数は多いですが、氏名や住所などの個人情報が漏れてしまうというのに抵抗がある人が多いです。

そのため、発送方法をらくらくメルカリ便かゆうゆうメルカリ便にする事で、購入者に安心感を与える事ができます。

 

発送までの日数ですが、これは早ければ早い方が売れやすくなります。

商品が売れたらすぐに発送できるのがベストですが、なかなかそうもいきません。

できれば翌日までに発送という感じで販売すると、それだけで商品が売れやすくなります。

 

簡単にできるライバルに差をつける販売の仕方

メルカリは出品する時のルールがありますが、まずはそれを最大限に生かして出品する事が大切です。

しかし、それは多くの人が行っている事なので、それではライバルに差をつける事ができません。

 

ではどうすればライバルに差をつける事ができるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 画像を加工する
  • キーワードを入れる
  • 商品の閲覧数を上げる出品方法

それでは詳しく解説していきます。

 

画像を加工する

まずは画像を加工するという事です。

画像を加工するとなると手間や時間がかかりますが、その手間や時間をかける事でライバルに差をつける事ができます。

 

例えば商品の写真に縁を付ける、文字を入れるなどするだけでもメルカリの商品一覧で目立つようになります。

何も加工していない写真だと数ある商品の中に埋もれてしまいがちです。

 

そのため画像を加工して目立つようにする事が売れやすくするためのポイントとなってきます。

画像加工となると難しいイメージがあるかも知れません。

 

しかし、今は画像を加工できるアプリがたくさんあるので、簡単に画像を加工する事ができます。

画像を加工できるアプリについてはコチラで詳しく紹介していますので、ご覧頂ければと思います。

➡物販の写真画像加工にオススメ 初心者でもすぐに使えるアプリはどれ?

 

キーワードを入れる

続いて商品を売れやすくするにはキーワードを入れる事です。

メルカリで商品を購入する方は、自分の欲しい商品をキーワードで検索する人が多くいます。

 

検索するキーワードに自分の出品した商品が引っかかるようにキーワードをなるべくたくさん入れておくのが良いです。

キーワードはタイトルに入れるのも大切ですが、説明文に入れるのも大切です。

なるべく入力できる文字数の上限になるようにキーワードを入力すると良いです。

 

商品の閲覧数を上げる出品方法

最後に紹介のは商品の閲覧数を上げる出品方法です。

商品を売れやすくするにはPVが大切になります。

より多くの人に見てもらった方が購入される可能性が上がります。

 

しかし、メルカリでは1つの商品を複数出品する事はできません。

1つしかないのに複数ページ出品してしまうと、商品が削除されてしまう事もあります。

そのため、1つの商品と分らない様に出品する工夫が必要となります。

 

例えばショルダーバッグとしてもトートバックとしても使える2wayのバックを出品するとします。

1つはショルダーバックとして出品し、もう1つはトートバックとして出品します。

画像も1つはショルダーバックとして使用している画像をメインとし、もう1つはトートバックとして使用している画像をメインとします。

もちろん、タイトルや説明文も変更します。

 

こうする事により、1つの商品を2つのページで違う商品として見えるように出品する事ができます。

当然閲覧数は倍になるので、購入される可能性もアップします。

ただしあまりやり過ぎるとメルカリ運営から何か言われてしまうかも知れませんので、自己責任で行ってください。

 

メルカリ初心者出品方法まとめ

ここではメルカリ初心者でもできるライバルに差をつける出品方法について紹介させて頂きました。

メルカリは簡単に出品ができるので、かなり多くの商品が販売されています。

 

普通に出品するだけだと、数ある商品の中に埋もれてしまいがちです。

そうならないためにも出品方法には工夫する事が大切になってきます。

 

出品するにもルールがありますので、まずはそのルールを最大限に生かして出品するようにしましょう。

次にライバルに差をつける方法では

  • 画像を加工する
  • キーワードを入れる
  • 商品の閲覧数を上げる出品方法

こちらについて紹介させて頂きました。

 

出品するのに手間や時間がかかりますが、その手間や時間をかける事でライバルに差をつける事ができます。

これから商品を出品する方はもちろんですが、なかなか商品が売れないという方は是非試してみてください。