Amazon相乗り出品で嫌がらせされた!実際にあった内容と対処方法について

  • 2021年1月20日
  • 物販
  • 13View
  • 0件

物販で商品を販売するプラットホームで、多くの人が使用しているのがAmazonです。

初心者でもそこまで難しくなく商品を出品する事ができます。

しかし、それだけ参入障壁が低いということは色々な人が出品してくるという事です。

 

僕もAmazonで販売を開始したばかりの頃に相乗り出品をしました。

その時にかなりの嫌がらせを受け苦労しましたし赤字にもなりました。

 

今回はAmazonで嫌がらせされた内容と対処法について紹介します。

相乗り出品で嫌がらせをされている方、相乗り出品をしている方は是非ご覧ください。

 

Amazon相乗り出品で嫌がらせされた!

Amazonで出品を開始した時に、初めて出品した方法は相乗り出品でした。

出品したすべての商品で嫌がらせをされた訳ではありませんが、一部の商品で嫌がらせを受けました。

なぜAmazonではこういった事が起こってしまうのでしょうか。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 相乗り出品をする理由
  • 知的財産権の侵害について
  • 海外セラーは要注意
  • テクニカルサポートへの連絡

それでは詳しく解説していきます。

 

相乗り出品をする理由

そもそも嫌がらせをされるなら相乗り出品を辞めれば良いのではと思います。

しかし、Amazonのプラットホーム上、同じ商品は新規で販売ページを作成し出品する事ができない規約となっています。

 

そのため、同じ商品を出品する場合はすでに出品されているページに相乗り出品として販売する方法となってしまいます。

もし新規で出品するのであれば、商品のカラーを変更、ロゴを変えるなどして、Amazon側に違う商品という事を伝える必要があります。

 

知的財産権の侵害について

相乗り出品するときに注意しなくてはいけないのが「知的財産権の侵害」です。

相乗り出品しようとしていた商品に商標権があった場合は、相乗り出品をしないようにしましょう。

 

もし出品してしまうと知的財産権の侵害となり、訴えられてしまう可能性があります。

出品するときは必ず商標権の確認をしましょう。

 

海外セラーは要注意

Amazonで出品しているセラーは日本人だけではなく、海外の方もいます。

僕が実際に嫌がらせを受けたのは海外のセラーからでした。

 

出品した商品は中国輸入で仕入れた商品なので、嫌がらせを受けたセラーは中国の方が運用している商品でした。

日本人のセラーなら大丈夫という訳ではありませんが、出品を辞めるまで容赦なく嫌がらせをしてきました。

相乗り出品をするときは、特に海外セラーには気を付けた方が良いと思います。

 

テクニカルサポートへの連絡

嫌がらせを受けた時はまずはAmazonのテクニカルサポートに連絡するのが良いと思います。

連絡したら嫌がらせを受けた内容を伝え、対処方法を聞いてみましょう。

 

担当者によってはこちらでは対応できませんと言われてしまう事もあります。

ですので、困っているという事をしっかりと伝えましょう。

 

そしてこちら側からこうしようと思っていますという提案をして、サポートの担当者の判断を伺ってみましょう。

そうする事により、こちら側が悪質な事やAmazonの規約に反した事を行ってしまうリスクを回避する事ができます。

 

実際にあった内容と対処方法について

それでは僕が実際に受けた嫌がらせの内容について紹介します。

販売が困難になったりするだけではなく、中には赤字になってしまう嫌がらせもありました。

どういった嫌がらせがあり、どういった対処をしたのでしょうか。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 商品ページを勝手に変更される
  • 購入されるが保留のまま放置
  • コンビニ受け取りでそのまま放置

それでは詳しく解説していきます。

 

商品ページを勝手に変更される

まず最初に紹介する嫌がらせは、商品ページを勝手に変更されてしまった事です。

変更されてしまった内容は、商品画像を商品とは全然違うものに変更するという事でした。

 

商品と商品画像が異なっているものになったらトラブルの元のなってしまいます。

最初のうちは変更されてしまったらすぐに画像を直して更新していました。

 

しかし、変更したからとすぐに更新される訳ではありません。

また、AmazonのAIで画像を判別するため画像が更新されるものがあったり、されないものがあったりしました。

画像が変更されていたら都度更新するのは、常にページを確認していないといけないのでかなり大変です。

結局そのページに相乗りするのを辞める事にしました。

 

購入されるが保留のまま放置

次にされた嫌がらせが購入されるが保留のままという事です。

この状態だと商品ページ上では売り切れとなるので、出品ページからいなくなる状態になります。

そうなると、相乗り出品している人がいなくなるので、自分のセラーが売れやすくなります。

 

最初は商品が売れたんだと思いましたが、いつまで経っても保留のままでした。

期間がすぎキャンセルとなりまた在庫として戻った時に、また同じことが起こりました。

これはおかしいと思い調べたら、セラー側の嫌がらせと言う事が分りました。

 

対応した方法はカスタマーサポートに連絡して、理由を説明し注文をキャンセルしてもらいました。

そうするとすぐに在庫として反映するので、商品が出品できている状態になります。

 

コンビニ受け取りでそのまま放置

最後に紹介するのはコンビニ受け取りでそのまま放置されるという嫌がらせでした。

これは購入されたら実際に商品を発送するので、手数料分赤字となってしまいます。

 

また、不良在庫としてFBA倉庫に戻ってきたので、そのまま出品する事ができませんでした。

出品するには一度商品を回収して再度FBA納品手続きを行う必要がありました。

 

これはAmazonで出品するときの設定でコンビニ受け取りや代引きでの注文をできないように設定すれば対応できます。

しかし、新規出品者だったりするとコンビニ受け取りができない様に設定する事ができません。

 

ですので、僕の場合カスタマーサポートに電話してコンビニ受け取りができない設定にできるようにお願いしました。

サポート担当者に最初は拒否されましたが、根気よくお願いすることでコンビニ受け取りができないように設定する事ができました。

 

これを設定する事で対処できるので赤字になるリスクも回避できます。

まだ設定していないという方は設定しておいた方が無難だと思います。

 

Amazon相乗り嫌がらせまとめ

ここではAmazon相乗り出品で嫌がらせされた事について紹介させて頂きました。

Amazonでの販売を始めたばかりの頃だったので、知識も少なく対応には苦労しました。

 

Amazonでは同じ商品を新規商品ページで出品できないので、基本的に相乗りという形で出品になります。

そのため、こういった嫌がらせは発生してしまう事になります。

 

僕が実際にされた嫌がらせの内容は

  • 商品ページを勝手に変更される
  • 購入されるが保留のまま放置
  • コンビニ受け取りでそのまま放置

 

特にコンビニ受け取りでそのまま放置される件は、赤字が出てしまい大変でした。

Amazonで相乗り出品するときは嫌がらせ行為がある事を理解した上で出品するようにしましょう。