ヤフーショッピングのSEO対策 初心者でも出来る効果的に検索順位を上げる方法

今ではpaypayユーザーも増えてきており、ヤフーショッピングを使用する人も増えてきました。

ヤフーショッピングは月間アクセスユーザーが5,000万人以上もいる活発なマーケットです。

paypyaと連携したイベントも行っているので、今後もっと伸びる市場だと思います。

 

物販ビジネスをやっている人でヤフーショッピングを出店している人は多いと思います。

しかし、Amazonやメルカリなどとは仕様が違うためなかなか売れないという人もいます。

 

Amazonやメルカリなどでは売れるのに何故ヤフーショッピングでは売れないのでしょうか。

そもそもヤフーショッピングはSEO対策をしないと商品が上位表示されません。

ではSEO対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは初心者でもできるヤフーショッピングのSEO対策について紹介していきます。

 

ヤフーショッピングのSEO対策

それではヤフーショッピングのSEO対策について紹介していきます。

ヤフーショッピングはAmazonの相乗り出品やメルカリなどのフリマアプリとは違うので、ただ商品を出品するだけでは売れません。

 

そのため、SEO対策を行い検索で上位表示させる必要があります。

そのためにもまずはヤフーショッピングの概要について理解する必要があります。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • ヤフーショッピングの仕組みを理解する
  • SEO対象となる項目は?
  • 検索ワードを確認する

それでは詳しく解説していきます。

 

ヤフーショッピングの仕組みを理解する

まずはヤフーショッピングの仕組みについて紹介します。

Amazonの相乗り出品とは違い、ヤフーショッピングは自分でストアを構築しなくてはいけません。

 

商品画像を加工してみたり、商品説明文を工夫したりなど商品ページを作り込む必要があります。

販売促進のためにストア構築をしないとヤフーショッピングで出店していても、売れないストアになってしまいます。

 

またメルカリなどのフリマアプリは商品を出品したらすぐにタイムラインの上にアップされます。

それから他の商品が出品されてくると徐々にタイムラインの下に下がっていく仕組みです。

ヤフーショッピングの場合は、ショップの評価、商品の売れ筋などから検索順位が決まります。

 

ですので、出品したらとすぐに売れる訳ではありません。

売れるようになるまでは商品ページやショップを育てる必要があるので、売れるようになるまでは時間がかかります。

 

SEO対象となる項目は?

ヤフーショッピングではSEO対策をしっかりと行い、購入者が検索したワードにヒットしやすいようにページを作る必要があります。

 

ではSEO対策となっているのはどんな項目があるのでしょうか。

  • 商品名(name)
  • 商品コード(code)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)
  • 製品コード(product-code)
  • JANコード/ISBNコード(jan)
  • ブランドコード(brand-code)
  • プロダクトカテゴリ(product-category)

こちらの8項目がSEO対策が必要とされる項目になります。

 

自分で考えてSEO対策をするのは大切ですが、もっと効率良くSEO対策をするのであれば自分が出品している商品と同じ物、もしくは類似商品の売れているページを真似するのが良いです。

売れている物のやり方を真似すれば同じように売れるというのが物販の基本的な考え方です。

 

検索ワードを確認する

SEO対策をする前に自分のストアの状況を確認してみましょう。

確認するにはストアクリエイターProにログインします。

 

ログインしたらメニューバーより「統計」→「検索流入」をクリックします。

こちらをクリックすると自分のストアにどんな検索ワードでユーザーが来ているのか確認する事ができます。

閲覧には日次、週次、月次と選択する事ができ期間を決める事もできます。

 

さらにPCからの流入、スマホからの流入、合算での流入に分けてワードを確認する事ができます。

こちらで自分のストアを確認し、どんな検索ワードでユーザーが訪れているのか確認してみましょう。

 

初心者でも出来る効果的に検索順位を上げる方法

それでは初心者でのできるSEO対策について紹介していきます。

まずはこちらを実践すれば商品ページのPV数が上がり、商品が売れやすくなります。

 

ではどんな方法で検索順位を上げる事ができるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 商品名を見直す
  • サジェスト機能を活用する
  • PRオプションを使う

それでは詳しく解説していきます。

 

商品名を見直す

まずは商品名を見直し、細かく設定をする事です。

SEO対策にはビックワード、ミドルワード、スモールワードと言われるワードがあります。

 

例えば商品が「財布」だった場合、財布はビックワードとなります。

財布というキーワードを細かく分類していくと

ビックワード

  • 財布
  • 長財布
  • 二つ折り財布

 

ミドルワード

  • メンズ
  • レディース
  • 本革
  • PUレザー
  • メーカー名

 

スモールワード

  • カラー
  • ラウンドファスナー
  • カード○枚収納可能
  • 持ち運びに便利
  • 通帳収納可能

 

このような感じでそれぞれのワードに分けて商品タイトルを設定していく必要があります。

ビックワードとミドルワードには商品名やキャッチコピーなどを使用し、ミドルワードとスモールワードには商品の詳細や商品情報に使用するキーワードを使います。

 

購入者が財布を購入しようとしたときにどんなキーワードで検索するか考えタイトルを設定していきましょう。

 

サジェスト機能を活用する

続いてオススメなSEO対策方法はサジェスト機能を活用するという事です。

例えば検索ワードに財布と入力すると、それに付随するミドルワードが表示されます。

この表示されているワードがサジェスト機能となります。

良く使用されているワードが表示されるので、サジェスト機能で表示されたワードを活用し、商品ページに組み込むと検索ワードで引っかかりやすくなり商品ページが表示されやすくなります。

 

検索ワードで上位表示されるだけではなく、ページに訪れたユーザーへのアピールにもなります。

一度自分の商品と関連するサジェストワードを確認し、ページに組み込んでみると良いと思います。

 

PRオプションを使う

最後の紹介する内容はPRオプションを使用する事です。

PRオプションを簡単に説明すると、成果報酬で料率を払うと検索結果の上位に上がりやすくなるというサービスです。

 

PRオプションの料率は1.0%~12%まで設定ができ、各設定によって特典内容が異なります。

PRオプションの特典内容

  • 1.0%:CRMツールSTORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)の設定が可能となります。会員向け価格の利用が可能になります。
  • 3.0%:ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
  • 5.0%:Yahoo! JAPANカード会員を対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。優良店の場合は “(3)PRオプション料率((1)と(2)の大きい方)” に対して、1.1~1.5倍の倍率を乗じます。※
  • 7.0%:Yahoo!プレミアム会員を対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
  • 10.0%:Tポイント保有ユーザー・PayPayボーナス保有ユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
  • 12.0%:Yahoo!ショッピング新規ユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。

 

 

PRオプションを使用するにはまずストアクリエイターProにログインします。

メニューバーから「設定」→「PRオプション料率設定」をクリックします。

こちらのページよりPRオプションの設定を行う事ができます。

あまり料率を付けてしまうと利益率が減ってしまうので、まずは1%から試してみて状況次第でもっとポイントを増やすなど行っていくと良いと思います。

 

ヤフーショッピングのSEO対策まとめ

ここではヤフーショッピングのSEO対策について紹介させて頂きました。

ヤフーショッピングはSEO対策をしないと商品が上位表示されず売れにくい媒体となっていきます。

 

そのため、初心者でもできるSEO対策では

  • 商品名を見直す
  • サジェスト機能を活用する
  • PRオプションを使う

こちらについて紹介させて頂きました。

他にも出来る事はありますが、まずはこちらを行ってみましょう。

 

ヤフーショッピングは月間アクセスユーザーが5,000万人以上いる巨大なショッピングモールです。

paypayユーザーが増えてきている兼ね合いもあり、今後もっとヤフーショッピングのユーザーは増える見込みがあります。

 

ヤフーショッピングを攻略する事は物販で売上を伸ばす事となります。

まずは自分のストアの状況を確認し、PVの少ない商品はPVを上げ検索ワードに引っかかるようにしていきましょう。