物販せどり用語 言葉 単語の意味まとめ 初心者が覚えておきたい知っておきたい一覧

  • 2020年12月16日
  • 2020年12月29日
  • 物販
  • 7View
  • 0件

副業やビジネス初心者に人気のある「せどり」ですが、始めようとしたときに稼ぐためのノウハウを身に付けようとします。

しかし、その前に覚えたいのがせどりで使う用語と意味です。

 

せっかくノウハウを勉強し知識を得ても専門用語が理解できないと肝心なところがわからないままになってしまいます。

ですので、まずは専門用語をしっかりと覚える必要があります。

 

ここでは良く使うせどり用語のまとめてみましたので、ご覧頂ければと思います。

物販せどり用語 言葉 単語の意味

まずはせどり用語を覚える重要性についてお伝えしたいと思います。

なぜ最初に用語を覚える事が大切なのでしょうか。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • せどり初心者にありがちな事
  • そもそもせどりって何?

それでは詳しく解説していきます。

 

せどり初心者にありがちな事

せどりで利益を出そうとしたときに、まずどの商品が売れるのか気になる人は多いと思います。

仕入れする商品をリサーチする事はもちろん大切なのですが、作業を進めていく上で専門用語が出てきます。

 

ブログや動画でせどりのやり方を調べているときなどにも出てくるので、専門用語がわからないと何をすればいいのか理解する事ができません。

そのため肝心なところでミスしがちになってしまいます。

 

そもそもせどりって何?

商品を安く仕入れて高く売り、その差額で利益を出す事がせどりですが、なぜ「せどり」と言うのでしょうか。

元々は中古本の「背取り」からきている用語となり、バーコードやISBN番号などを見て仕入れていました。

このことから「背取り」と呼ばれるようになりました。

 

今では本せどりだけではなく、家電やゲームなど多くの商品が扱われるようになりました。

それらを全てまとめて「せどり」というようになりました。

 

初心者が覚えておきたい知っておきたい一覧

それでは覚えたい用語と意味を紹介していきます。

1つ1つ紹介していくとかなりの量になってしまうので、良く使う用語をピックアップしました。

 

ここで紹介する用語は各分野にて分けて解説します。

  • 電脳せどりで良く使う用語
  • ブックオフで良く使う用語
  • Amazon関係で良く使う用語
  • 利益計算でよく使う用語

それでは詳しく見てきましょう。

 

電脳せどりで良く使う用語

「せどり」には「店舗せどり」と「電脳せどり」という種類があります。

店舗せどりは実際にお店に行って商品を仕入れる事になります。

 

電脳せどりはネットで仕入れてネットで販売する事になります。

電脳せどりはあまり外出できない人、近くに良い店舗がない人、空き時間にリサーチしたい人に人気があります。

 

ブックオフで良く使う用語

続いてブックオフで良く使う用語の紹介です。

ブックオフの商品棚にはそれぞれ呼び名があります。

  • 100円棚:100円で販売されている棚
  • 280円棚:280円で販売されている棚
  • 500円棚:500円で販売されている棚
  • プロパー:棚の種類を表す用語
  • 単C:税込みで110円で販売されている棚
  • インストアコード:そのお店特有のバーコード

 

Amazon関係で良く使う用語

せどりで販売する媒体で良く使うのがAmazonです。

メルカリやラクマなどを使用して販売する事もありますが、基本的にはAmazonになりますのでAmazonで良く使用する用語を紹介します。

 

Amazon関連で良く使う用語はこちらになります。

  • FBA:Amazonの倉庫を使用して商品を出品する事です。商品が売れた時はAmazonが発送をしてくれます。
  • 自己発送:FBA倉庫を使用せず、売れたら自分で発送する事です。
  • セラー:Amazonの出品者
  • セラーセントラル:Amazonの管理ページ。このページから商品を出品したり停止したりします。
  • 大口出品:月額料金を支払ってAmazonで販売する事です。
  • 小口出品:月額料金を支払わずAmazonで販売する事です。
  • プレ値:在庫が少なく定価よりも高値で販売されている事です。

 

利益計算でよく使う用語

物販において利益計算は大切なことです。

自己流で構いませんので、収支表を付けて管理しないとどのくらい利益が出ているのか分りにくくなってしまいます。

そのうえで初心者が知っておいた方が良い用語を紹介します。

 

利益毛さんでよく使用する用語は

  • 利益率:収支を計算するときに重要な数値です。この数値が高ければ高いほど利益が多く低ければ利益が低いという事です。
  • 利益額:商品が売れた時の利益の金額です。利益率と同じように利益額も重要です。
  • 損切り:赤字でもいいので商品を売る事です。仕入れるお金を回さないといけないので時には損切りも必要になる時もあります。

 

せどり用語まとめ

ここではせどり初心者が覚えておきたい用語を紹介させて頂きました。

リサーチの仕方や出品の仕方も大切ですが、まずは用語を覚えるところから始めましょう。

 

せどりを始めて分らない用語が出てくるとその用語を調べる必要があります。

そうなると作業効率が悪くなるばかりではなく、単純なミスをしてしまう事もあります。

 

今回紹介した知っておいた方が良い用語は

  • 電脳せどりで良く使う用語
  • ブックオフで良く使う用語
  • Amazon関係で良く使う用語
  • 利益計算でよく使う用語

ここでは良く使う用語をピックアップしていますので、是非覚えて頂ければと思います。