物販で外注化する時のポイント 初心者でも出来る方法やオススメの求人方法、探し方について

  • 2020年12月9日
  • 物販
  • 9View
  • 0件

物販を初心者から始めて月20万以上の利益を出している人は多いです。

自分も物販を始めて4か月で20万以上の利益を出す事ができました。

しかし、それ以上の利益を出そうとすると一人の力では難しくなってきます。

 

そんな時は仕事を外注化する事で作業の効率を上げ、さらに利益を伸ばすための動きをする事ができます。

副業をしていて時間が取れないという人も外注化をすれば、時間がなくても作業を進める事ができます。

 

では外注化ってどうやってやれば良いのでしょうか。

ここでは初心者でもできる外注化の方法について紹介します。

 

物販で外注化する時のポイント

初めて外注化をする時はしっかりと対応できるか不安があります。

もちろん最初から上手くはいかないので、失敗するのを前提で募集する感じで良いと思います。

失敗してしまった分は改善していけば問題ありませんので、まずは募集をしてみましょう。

 

それでは外注化する時のポイントについて紹介します。

ここで紹介する内容は

  • 外注化するメリット
  • どの作業を外注に依頼するのか
  • マニュアル作成や必要な物の共有

それでは詳しく解説していきます。

 

外注化するメリット

まず外注化するメリットですが、自分が行っていた作業を他の人に行ってもらう事で自分の時間が取りやすくなります。

自分の時間が取れるようになると規模を拡大する事もできるし、収入を自動化する事も可能です。

 

物販の仕組みを外注化する事でほぼ何もしないで収入を上げている人も多くいます。

いきなり収入を自動化するのは難しいので、まずは作業の一部で良いので外注化すると良いです。

 

どの作業を外注に依頼するのか

物販の仕事の流れをおおまかに分けると

  1. 商品をリサーチする
  2. リサーチした商品を仕入れる
  3. 商品の出品、登録
  4. 売れた商品の梱包、発送

こういった流れになっています。

まずはどの部分を外注化するのか決める必要があります。

分りやすくするために自分のやっている作業を全て洗い出してみると良いです。

 

外注化する仕事の内容の参考例としては

  • せどりを行っている場合は、AmazonFBA倉庫に梱包、発送する仕事を依頼する。
  • 中国輸入を行っているなら、商品を外注している人の家に届け売れた梱包、商品を発送してもらう。
  • 金額をしっかりと決めておき商品のリサーチをしてもらう。

などなど。

 

今の自分にとってどれを外注化したら時間が取りやすくなるか、今後効率良く作業ができるようになるか決め、用途に合わせて外注募集をするのがポイントになります。

 

マニュアル作成や必要な物の共有

外注化したときに作業を1から説明するのは時間がかかります。

通話などで説明する事もできますが、お互いの時間を合わせるのが大変だったりします。

 

そのためマニュアルを作成しておくと作業開始までがスムーズになります。

説明する時間が短縮されるし、何人も外注を募集した時も1度マニュアルを作成すれば使いまわす事ができます。

 

それと外注化した時は必要な物を共有しなくてはいけません。

共有する物の例として

  • スプレッドシート
  • Googleドライブ
  • 連絡手段(line、チャットワークなど)
  • 必要に応じてアカウントの共有
  • 報酬を支払う銀行口座

などがあります。

 

共有する物は依頼する仕事の内容によって異なりますので、どれが必要になるから事前に確認しておく必要があります。

 

初心者でもできるオススメ求人方法

それではオススメな求人方法について紹介します。

別に求人募集をしなくても知り合いは友人で外注作業をしてくれるという人がいるのであれば、その知り合いか友人に依頼するのが良いと思います。

 

しかし、都合良く外注をしてくれる人もなかなかいないのではと思います。

そういった時は求人募集をするのが良いです。

ではどうやって求人募集をするのでしょうか。

 

オススメ募集媒体は?

求人募集をするとなると大掛かりなイメージがあるかもしれませんが、実はとても簡単に行う事ができます。

募集にオススメな媒体は「CrowdWorks(クラウドワークス)」になります。

 

クラウドワークスは会員登録数100万人以上いる仕事マッチングサイトです。

資格、スキル、学歴不要なので、どなたでも利用する事ができます。

月額費用などかかりませんので、募集するだけで費用が発生する事はありません。

 

仕事の種類も多く300個近いカテゴリーがあります。

ですので、探したいカテゴリーのほとんどが見つかります。

➡クラウドワークスの詳細はコチラからどうぞ

 

募集をする時のポイント

募集する時はまずどの分野、カテゴリーで募集するのか確認します。

同じような仕事を募集している人がいますので、まずはクラウドワークスの募集を見てみましょう。

 

似たような募集をいくつか見つけたら、その募集の「アクセス数」「お気に入り登録数」「応募数」を確認します。

数字が高い募集が人気があるという事なので、ピックアップした中から一番高い募集を見ます。

一番高い募集を参考にし、自分の募集に合わせて文面や募集金額を変更していきます。

 

最初から高い金額にすると仕事が出来なかった人が来た場合困ってしまいます。

ですので、最初はトライアルという形を設けお試し的な感じで仕事をしてもらいます。

 

その後継続できそうだったら本契約とし、それなりの報酬を支払う流れが無難だと思います。

まずは一度クラウドワークスがどういう感じか覗いてみるのが良いでしょう。

➡クラウドワークスの詳細はコチラからどうぞ

 

物販で外注化まとめ

物販で外注化する時のポイントや初心者でも出来る方法やオススメの求人方法、探し方について紹介させて頂きました。

外注化するという事はメリットが多く、自分の時間を作りやすくなったり事業の拡大をしやすくなります。

 

外注を募集してスムーズに作業に入れるようにするためにマニュアルを準備すると良いです。

正直マニュアルを作成するのは大変ですが、1度作ってしまえば使いまわしができます。

毎回説明するのは大変なので、マニュアルを作ってしまうのが効率的です。

 

募集するのにオススメな媒体は「CrowdWorks(クラウドワークス)」です。

会員数が多く、仕事のカテゴリーも多いので希望している種類が見つかると思います。

月額費用などはかからず、会員登録もすぐにできます。

また、初心者でも始めやすい媒体なのでまずはクラウドワークスを使用してみると良いと思います。