ブログの文字数とSEOの関係 検索順位を上げる書き方とコツ

ブログを書くときに多くの人が気になるのが文字数です。

1記事アップする時は最低何文字必要なのか?

検索上位表示されるには何文字必要なのか?

そもそも適切な文字数は何文字なのか?

など気になる事があると思います。

 

上位表示を狙うのであれば当然文字数が多ければ多い方が良いと思う人もいると思いますが、実はそういう事でもありません。

ブログの文字数とSEOの関係はどのようになっているのでしょうか。

また、検索順位を上げる書き方やコツにはどんな方法があるのでしょうか。

ここでは上記疑問を分りやすく解説していきます。

 

ブログの文字数とSEOの関係

ブログの文字数とSEOの関係は気になる人が多いと思います。

せっかく書いたブログも閲覧してもらわないと意味がありませんので、当然検索上位に表示させたいところです。

 

まずは文字数はどのようにSEOと関係しているのか紹介していきたいと思います。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 検索上位を取るための文字数とは?
  • 検索ワードによって文字数は異なる
  • 文字数が多いと色々なキーワードでヒットしやすい

それでは詳しく解説していきます。

 

検索上位を取るための文字数とは?

そもそも検索上位を取るために必要な文字数があるのでしょうか。

文字数に関する意見は色々とありますが、結論から言うと決められた文字数はありません。

 

文字数を増やすということはもちろん重要なポイントにはなりますが、何文字が正解といったラインはいのが現状です。

実際にブログでたくさんPVを取っている人やホームページの制作会社でも

「最低500文字は必要だ。」

「最低文字数は1000文字は欲しい。」

「検索上位を取るなら2000文字以上は必要。」

など意見が分かれています。

 

検索ワードによって文字数は異なる

ブログを書くときに文字数は大切ですが、検索ワードも大切になります。

そもそも検索エンジンで検索するワードは質問となり、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンが探す検索結果は答えとなります。

 

検索ワードと検索エンジンの返しは質問と回答といったQ&Aの関係となっています。

検索エンジンはユーザーが検索したワードに対して最適の回答が記載されている記事を上位表示します。

 

その基本的な仕組みを理解していれば検索ワードによって必要な文字数が異なるという事が理解できると思います。

 

文字数が多いと色々なキーワードでヒットしやすい

ページ内の文字数が多いと必然的に含まれるキーワードが増えてきます。

そうなると文字数が多いページは色々な検索キーワードでヒットする可能性が増えます。

 

実際にGoogleサーチコンソールなどでアクセス解析ツールを見ると、狙っていたキーワードとは別のワードで閲覧されている事があります。

別のワードで閲覧されていた場合は検索順位で上位をとれなくても閲覧される可能性があるという事になります。

場合によっては記事をリライトして、狙うワードを変更してみるのも良いと思います。

 

検索順位を上げる書き方とコツ

文字数を増やせば増やすほど検索順位が上がるという訳ではありません。

ではどうすれば検索順位を上げる事ができるのでしょうか。

検索順位で上位表示されるための書き方やコツにはどんな事があるのでしょうか。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 検索エンジンが評価するページとは?
  • 文字数が多くても情報が薄かったら評価されない
  • 文字だけではなく画像を使用する

それでは詳しく解説していきます。

 

検索エンジンが評価するページとは?

まず気になるのがどういったページが検索エンジンに評価されるのかという事です。

どんなに良い記事を書いても検索エンジンに評価されないと上位表示する事ができません。

 

ではどんな記事が評価されるかと言うと検索ユーザーの疑問を解決できるページになります。

つまりユーザーが知りたい情報を的確に記載しているという事です。

検索エンジンは文章でクオリティを評価し、検索ユーザーの質問に合致した回答(ページ)を上位表示させるようにしています。

 

文字数が多くても情報が薄かったら評価されない

ブログや記事を書くうえで文字数は大切なポイントとなりますが、だからと言って冗長で文字数稼ぎをしている記事は評価されません。

もしこういったブログが上位表示されるようであれば、その記事を見たユーザーがすぐに離脱してしまいます。

 

離脱してしまうとその記事の評価が悪くなってしまうので、上位表示される事はなくなってしまいます。

文章量は大切ですが、それに伴い文章の質も大切です。

 

文字だけではなく画像を使用する

文字数が多く、内容も質が高かったとしても文章だけだと訪問者が閲覧するのに集中力が切れてしまいます。

そうなると途中で離脱してしまう可能性が高くなります。

 

そうならないようにするためにも、適度に画像を入れると良いです。

また画像を入れる時にaltタグ(代替テキスト)に有効なキーワードを入れましょう。

画像にキーワードを入れる事でSEO効果を高くする事もできます。

 

ブログの文字数とSEOの関係まとめ

ここではブログの文字数とSEOの関係について紹介させて頂きました。

ブログを書くときにやはり気になるのは文字数です。

 

何文字の記事を書けばよいのかと言う明確な文字数はありませんが、短すぎても長すぎても良くありません。

そのため、目安とするのであれば2,000~3,000文字ぐらいが良いと思います。

 

また文字数も大切ですが、それと同じぐらい大切なのがキーワードです。

どういったキーワードで検索上位を狙うのか明確にし、しっかりと狙ったワードで上位が取れる記事をアップするように心がけましょう。

 

検索順位を上げる書き方とコツでは

  • 検索エンジンが評価するページについて
  • 文字数が多くても情報が薄かったら評価されない
  • 文字だけではなく画像を使用する

こちらについて紹介させて頂きました。

 

こういった事を意識しながら記事を書く事で効果を発揮する事は出来ると思いますが、しっかりと成果を出したいのであればしっかりとしたコンサルを受けるのが良いです。

実績を出している人のやり方を真似するというのが成功の近道です。

アフィリエイトのコンサルについてはコチラで詳しく紹介しています。

➡物販コンサルの料金費用相場はどのくらい?セミナーやスクールに通うメリットとデメリット