Amazonセラーセントラルの2段階認証を無効にする方法 コードを要求しないように設定

  • 2021年5月21日
  • 物販
  • 23View
  • 0件

Amazonのセラーセントラルを使用していると、ログインする時に2段階認証が求められます。

セキュリティ面を考慮すると2段階認証はあった方が良いのですが、毎回2段階認証を求められるのはログインに手間がかかります。

 

2段階認証が無効にできればセラーセントラルにログインする時に手間がなくなります。

ではどうやったら2段階認証を無効にする事はできるのでしょうか。

 

ここでは2段階認証を無効にする方法について紹介していきます。

 

Amazonセラーセントラルの2段階認証

2段階認証を無効にする前にまずは2段階認証について詳しく紹介していきます。

本当に解除してもよいのかはまずは2段階認証の事をしっかりと理解したうえで判断すると良いと思います。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • セラーセントラルの2段階認証とは?
  • 2段階認証は必須?
  • 認証アプリとは?

それでは詳しく解説していきます。

 

セラーセントラルの2段階認証とは?

Amazonにログインする時に、通常であればログインIDとログインPASSが必要になります。

つまりこれが1段階認証という事になります。

 

しかし、これだけではIDとPASSが漏れてしまうなど不安が残ります。

他の人もログインできる可能性があるので、アカウントを乗っ取られてしまう可能性もあります。

 

そのためセキュリティ面を高めるために2段階認証としてセキュリティコードを入力します。

2段階認証は登録している電話番号のSNSなどに6桁の数字が送信されます。

送信された数字を入力する事により、Amazonにログインする事ができます。

 

これにより、他人にログインされる不安が解消されるという認証になります。

 

2段階認証は必須?

それではセキュリティ面を考えるとAmazonの2段階認証は必須なのでしょうか。

Amazonテクニカルサポートは2段階認証を推奨しておりますが、セキュリティ面を考慮すれば当然です。

 

しかし、毎回ログインの時に6桁の数字を入力するのは手間がかかります。

2段階認証を無効にする場合はIDやPASSを複雑なものにするなどの対策を予め行ったうえで解除するのが良いと思います。

 

認証アプリとは?

2段階認証に使用できるランダムなコードを生成する認証アプリというものがあります。

認証アプリとはスマートフォン、モバイル端末(タブレット、iPadなど)、またはデスクトップパソコンにダウンロードできるスタンドアロンソフトウェアのアプリケーションです。

 

認証アプリは、スマートフォン、モバイルデバイス、パソコンで利用する事ができます。

Apple App Store、Google Playストア、Windowsストアなどで「認証アプリ」「Authenticator」と検索すると見つかります。

通話サービスやインターネット接続が不要ですが、利用する端末やPCにアプリをダウンロードしておく必要があります。

 

また認証アプリから、セラーセントラルの出品用アカウントやパスワードの情報にアクセスすることはできないのでご注意ください。

 

2段階認証のコードを要求しないように設定

それでは2段階認証を無効にする設定方法について紹介します。

順を追って解説していきますので、初めての方でも簡単に解除できると思います。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 2段階認証を解除する方法
  • コードを要求しないように設定

それでは順を追って解説していきます。

 

2段階認証を解除する方法

まずはAmazonトップページからアカウントサービスをクリックします。

クリックするとアカウントサービスの画面に移動します。

アカウントサービス画面に「ログインとセキュリティ」とありますので、こちらをクリックします。

 

 

クリックするとログインとセキュリティ画面に移動します。

この画面では

  • お名前
  • Eメール
  • 携帯番号
  • パスワード
  • 2段階認証の設定
  • アカウントの保護

以上の項目がありますので、2段階認証の編集をクリックします。

 

編集をクリックすると2段階認証(2SV)の設定画面に移動します。

ここでは2段階認証の横にある「無効化」というボタンをクリックします。

 

ボタンを押すと『2段階認証を無効にするとセキュリティが低下する可能性があります』と警告されます。

決定する場合はセキュリティ面が甘くなってしまうので自己責任で行うようにしてください。

ここで無効化をクリックすれば設定完了となります。

 

コードを要求しないように設定

上記設定だけですとブラウザを閉じたり再度ログインした場合にセキュリティコードを求められる事があります。

2段階認証を求められた場合は「このブラウザでコードを要求しないでください」と記載された左側にチェックを入れましょう。

この設定を行えば同じ端末で2段階認証を要求されなくなります。

 

Amazonセラーセントラルの2段階認証まとめ

Amazonセラーセントラルの2段階認証を無効にする方法について紹介させて頂きました。

ログインする時に毎回認証を求められコードを入力するのは手間がかかります。

 

2段階認証を無効化してしまうとセキュリティ面に不安が残ってしまうので、行う場合は自己責任でお願いします。

無効化にする設定は簡単にできますので、時間をかけずに行えると思います。

 

Amazonを利用している人はほとんど毎日のようにセラーセントラルにログインします。

その都度2段階認証をしているのは正直大変です。

2段階認証を無効化するだけで簡単にログインできるようになりますが、アカウントを乗っ取られてしまうリスクも高くなってしまうので無効化する場合は十分に注意して行うようにしましょう。