物販ビジネスは外注化するべき?メリットとデメリットを紹介

物販ビジネスで外注化ってした方が良いのでしょうか。

物販をしていてある程度期間が過ぎると多くの人からこんな質問ができます。

実際に物販で大きな金額を稼いでいる人のほとんどが外注化しています。

 

自分は物販を開始して4か月で30万円以上の月利を達成する事ができましたが、作業の1部を外注化しています。

しかし、外注化するにもメリットとデメリットがあります。

 

では外注化するメリットとデメリットにはどんな事があるのでしょうか。

ここでは外注化について詳しく紹介していきます。

 

物販ビジネスは外注化するべき?

物販ビジネスで外注化はした方が良いのでしょうか。

そもそも外注化するとどんな風に変わっていくのでしょうか。

 

まずは物販で外注化する概要について紹介していきます。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 物販の外注化とは?
  • 外注の探し方
  • 外注の単価、給料

それでは詳しく解説していきます。

 

物販の外注化とは?

そもそも物販で外注化するとはどういった事なのでしょうか。

物販の作業をそれぞれに分けると

  • 商品のリサーチ
  • 商品の仕入れ
  • 商品の登録、販売
  • 商品の梱包、発送

このような感じでいくつかの工程に分けられます。

 

この工程のなかでどの部分を外注化するかという事になってきます。

もちろん全部を外注化する事もできますし、一部だけ外注化するというのもありです。

 

自分の場合は商品の登録、販売という部分を外注化しました。

仕入れた商品を外注さんに販売して頂き、売れたら発送して外注さんに発送通知をしてもらうように連絡しています。

 

リサーチや商品の発送は自身で行っておりますが、どの部分を外注化するのかは自身の生活スタイルや能力などに合わせると良いと思います。

 

外注の探し方

では外注はどうやって探せば良いのでしょうか。

まずは知り合いにやってくれるという人がいたらその人にお願いしてしまうのが良いと思います。

知らない人よりも知っている人の方がコミュニケーションも取りやすいので、お互い作業もしやすいと思います。

 

といっても都合よく知り合いでやってくれる人がいない場合がほとんどです。

そういった場合はクラウドワークスを使用して募集をかけるのが良いと思います。

 

クラウドワークスは会員登録数100万人以上いる仕事マッチングサイトで、多くの人が利用しています。

自分のクラウドワークスを使用して応募をかけました。

初心者でも使いやすく登録も無料で行う事ができます。

➡クラウドワークスの詳細はコチラからどうぞ

 

外注の単価、給料

外注化した場合はもちろん報酬を支払う必要があるわけですが、どのぐらいの金額を支払えば良いのでしょうか。

支払う金額は行ってもらう作業によって違いってくるので、それぞれ確認する必要があります。

 

確認の仕方はクラウドワークスの応募を見てみると良いと思います。

似たような仕事がすでにたくさん応募されているので、どんな作業がいくらで応募されているのか見る事で作業費用の相場が分かります。

応募をするときは相場費用を参考に価格を決めると良いと思います。

 

あとは作業をがんばってくれる方や長く働いてくれている外注さんに対しては報酬を増やすなど工夫をすると良いと思います。

外注化の探し方についてはコチラで詳しく紹介しています。

➡物販で外注化する時のポイント 初心者でも出来る方法やオススメの求人方法、探し方について

 

物販外注化のメリットとデメリット

それでは外注化するメリットとデメリットについて紹介していきます。

外注化するにあたりメリットはもちろんですが、デメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

 

どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 外注化のメリット
  • 外注化のデメリット

それではそれぞれ解説していきます。

 

外注化のメリット

それでは外注化のメリットについて紹介していきます。

 

まず最初に紹介メリットは時間です。

外注化する事で本来自分でやらないといけない作業を外注化できるので、その作業をやらなくて良くなります。

その分できた時間で他の作業をしたりできるので、更に収益を上げるために時間を活用できます。

 

既に十分な収益がある場合は自由時間として使うのも良いと思います。

また副業していて時間が無いという人ほど外注化し、作業をやっても貰った方が効率的に稼ぎやすくなります。

 

次に紹介する内容は売上が上がるという事です。

単純に作業をしている人が増えるので、こなせる作業量が増えます。

作業量をこなせるという事は必然的に売上アップに繋がっていきます。

 

自分の場合は商品の販売を外注化しています。

販売の外注は複数名の方にお願いしているので、一人で商品を販売するよりも複数名で商品を販売する事で売上アップさせているという事です。

 

外注化のメリットは大きく2つのメリットがあり、時間と売上にあります。

 

外注化のデメリット

続いて外注化のデメリットについて紹介します。

こちらも外注化する上では知っておくべき内容なので把握しておきましょう。

 

まず最初のデメリットはやはり費用がかかるという事です。

外注化して作業してもらう訳ですから当然報酬を支払わなくてはなりません。

そのため、その分の利益率が下がってしまうという事がデメリットの1つとなります。

 

次に紹介する内容はしっかりと作業してもらうためのコミュニケーションが大変という事です。

外注さんは放っておくとなかなか作業してもらえないため、こまめに連絡を取る必要があります。

 

もちろん相手も人ですから、モチベーションを低下させないようにする必要があります。

中にはしっかりと報酬さえ支払っていれば作業してくれる方もいますが、そういった外注さんと契約できる可能性は低いです。

 

最後に紹介するのは作業を行ってもらうためにマニュアルを作成する必要があるという事です。

外注さんは契約した人がダメだった場合、次の外注さんを探します。

外注さんと契約するたびに作業の説明を行っているのは大変なので、マニュアルを作成した方が良いのですがこのマニュアル作りが大変という事です。

 

しかし、1度マニュアルを作ってしまえば使いまわしできるので、最初は時間がかかりますが作ってさえしまえばその後は効率良く外注募集をする事ができます。

募集するときもマニュアルがある事を記載しておけるので、募集も集まりやすくなります。

 

物販ビジネス外注化まとめ

ここでは物販ビジネスの外注化のメリットとデメリットについて紹介させて頂きました。

まずは外注化した方が良いかどうかという事ですが、外注化した方が良いと思います。

 

もちろん自分の環境次第という部分ではありますが、更なる売上アップを求める場合一人では作業に限界があります。

実際に物販で稼いでいる多くの人が作業を外注化しています。

 

外注化する事で自分の時間が取りやすくなるので、更に売上を上げるためのビジネス展開をする事もできるし、自由な時間として使う事もできます。

外注化して利益をキープする事ができれば、ほぼ何もしなくても売上が発生するという状況を作る事ができます。

まずは小さな作業からでも構いませんので、外注化をして外注化に慣れる事から始めて見ると良いと思います。

 

外注募集はクラウドワークスを使用するのがオススメです。

外注募集に興味がある方はまずはクラウドワークスを除いてみましょう。

どんな応募がどんな金額で募集されているのかチェックする事で、自分の作業を外注化しやすいのかどうなのか判断する事もできます。

➡クラウドワークスの詳細はコチラからどうぞ