フリーランスになると後悔する?成功する人と失敗する人の違いとは

フリーランスは自由な生活をしているイメージを持っている人が多いです。

確かに会社員として勤務しているサラリーマンと比較すると、勤務時間や休日など自由に決めやすいです。

 

自分も自由な生活がしたいと安易な考えでフリーランスになってしまうのは失敗し後悔しやすい思考です。

ではなぜフリーランスになって失敗し後悔してしまうのでしょうか。

そもそも成功する人と失敗する人の差はどんなところにあるのでしょうか。

 

フリーランスになると後悔する?

フリーランスに興味を持っている人は多いですが、そもそもフリーランスとは何をしているのでしょうか。

実際に仕事の種類は多く、フリーランスと一言で言っても行っている仕事や働き方は人それぞれで違います。

 

まずはフリーランスって何なのか解説していきたいと思います。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • フリーランスとはどんな仕事?
  • フリーランスで多い職業
  • フリーランスの働き方

それでは詳しく解説していきます。

 

フリーランスとはどんな仕事?

フリーランスという言葉は聞いた事があると思いますが、具体的にはどういうものなのでしょうか。

まずはフリーランスについて解説していきます。

 

フリーランスとは会社や組織などに所属せずに個人のスキル、能力を活かして働く人の事です。

自分の能力に対して仕事を依頼してくれる企業があり、条件が一致すれば契約して仕事を行います。

 

給料は会社員とは違い自分の行った仕事に対しての成果給となります。

そのため、仕事をこなす能力やクオリティが低ければ報酬は安くなってしまいますし、そもそも仕事が取れない可能性もあります。

個人の能力が重視されるので、稼げる人と稼げない人の差が開きやすいと言えます。

 

フリーランスで多い職業

ではフリーランスで生計を立てている人はどんな職業の仕事をしているのでしょうか。

フリーランスとして活動している人は

  • エンジニア系
  • ライター系
  • デザイナー系
  • ビジネス系

など、個人の能力を発揮しやすい職業が多いです。

 

エンジニア系

プログラマー、アプリケーションエンジニアなどがあります。

システムの設計や開発をしたりするのはプログラマーとして勉強をしていないとできない事です。

そのため、一通りの仕事ができるようになった人はフリーランスとして活動する人が多いです。

 

ライター系

ライター系にはwebライター、アフィリエイターなどがあります。

インターネット上にアップする記事を書いたり、自身でブログやサイトを管理して得た広告収入で生計を立てます。

書いた記事が読まれないと収益が上がらないので、集客する能力やマーケティング力が必要になります。

 

デザイナー系

イラストレーター、webデザイナーなどがデザイナー系になります。

イラストレーターの仕事はキャラクターを作成したり、企業のロゴを考えたりなどします。

webデザイナーではサイトに訪れた人にとって見やすいデザイン、使いやすいデザインを考えたりします。

クライアントのイメージを形にしなくてはいけないので、しっかりとコミュニケーションを取る必要があります。

 

ビジネス系

ビジネス系の仕事は営業やコンサルティングになります。

営業もコンサルティングも知識がないとできないので、難易度が高いですが高い報酬が得やすい仕事です。

最初はプレイヤーとして活動している人がある程度稼げるようになると、その次はコンサルティングを行うというのが王道の流れとなっています。

まずはプレイヤーとして実績を出す事で信用や信頼を得られやすくなります。

 

フリーランスの働き方

フリーランスといっても色々な職業があり、働き方や報酬の発生の仕方も異なります。

働き方を分けると3つの種類に分けられるのでそれぞれ解説していきます。

 

タスク型

タスク型の仕事には記事の作成、データの入力、イラストの制作など基本的には短期間で完了する仕事になります。

スポット型というスタイルもこの分野に分類でき、クラウドソーシング上にあるほとんどの仕事がタスク型になっています。

 

プロジェクト型

プロジェクト型はクライアントが取り組んでいる仕事に参加する仕事です。

サイトの開発、アプリケーションの開発など中期~長期間の仕事となります。

場合によってはクライアントの会社の訪れ作業をする事もあります。

 

ミッション型

最後はミッション型の仕事になります。

コンサルティングや人材育成など基本的には長期間で行う仕事となります。

コンサルティング能力が高ければ高い報酬も期待できます。

 

成功する人と失敗する人の違いとは

それではフリーランスになって成功する人と失敗する人の違いについて紹介していきます。

ここで紹介する事が出来ない人は失敗する可能性が高く、しっかりとできる方はフリーランスになっても成功すると思います。

 

では成功する人と失敗して後悔する人にはどんな違いがあるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 自己管理がしっかりできる
  • 向上心がある
  • 行動力の違い

それでは詳しく解説していきます。

 

自己管理がしっかりできる

フリーランスでどんな仕事をやるかにもよりますが、仕事の時間や休日は自由に決められる人が多いです。

僕も脱サラ後はフリーランスとして活動していますが、勤務時間は決めていませんし休日も決めていません。

 

休みたい時に休めるし、仕事を始めたい時に始めたり終わりたい時に終れます。

しかし、これだけ自由に時間を使っているとダラダラとしてしまいがちです。

 

ですので、そうならないようにするためにも自己管理をしっかりとする必要があります。

この自己管理ができないとダラダラとした環境に流されてしまい、いつの間にか仕事をやらない環境に慣れてしまいます。

 

向上心がある

次に紹介する内容は向上心についてです。

サラリーマンをしている時は上司がいるので、仕事の事などを上司から学ぶ事ができます。

 

しかし、フリーランスになると上司がいません。

上司がいなくて仕事をしやすいというメリットはありますが、学ぶべき人がいないというデメリットもあります。

 

そのため、読書をしたりセミナーなどに参加したりして自己啓発をしないと自身の成長が止まってしまいます。

フリーランスとしてある程度稼げるようになると自己投資や自己啓発をしなくなってしまう人が増えてしまいます。

 

フリーランスは決して安定している訳ではなく、個人の能力によって稼ぐ仕事です。

ですので、自身を常に成長させるという向上心は大切になります。

 

行動力の違い

最後に紹介する内容は行動力の違いです。

仕事をするために知識やノウハウを学ぶ人は多くいますが、ほとんどの人が学んだだけで終了しています。

学んだ事を実際に行動して具現化している人は少ないです。

 

知識やノウハウも大切ですが、それよりも大切になるのがこの行動力です。

フリーランスとして大きな成果を上げている人はもちろん知識やノウハウを持っているわけですが、稼げていない人と一番大きな差はこの行動力になります。

 

フリーランスになると後悔まとめ

ここではフリーランスになると後悔する人、成功する人と失敗する人の違いについて紹介させて頂きました。

フリーランスは給料が安定しにくいですが、サラリーマンは安定した給料が貰えます。

給料面で見るとフリーランスよりもサラリーマンの方が良いような気がします。

 

実際にフリーランスになって後悔している人は稼げていない人が多いです。

そもそも、会社員の頃は仕事で失敗してもミスをしても決まった給料が貰えます。

 

しかし、フリーランスとなると給料は成功報酬となるので失敗は許されません。

フリーランスで成功するためにはこのビジネスマインドが不可欠です。

 

成功する人と失敗する人の違いでは

  • 自己管理がしっかりできる
  • 向上心がある
  • 行動力の違い

こちらについて紹介させて頂きました。

 

成功するためにはどれも重要な事になりますが、特に大切になるのが行動力です。

知識やノウハウは本を読んだりする事で身に付ける事ができますが、行動力は行動する事でしか身に付ける事ができません。

ですので、普段から行動力を付けるために行動することを意識する必要があります。