朝活で副業したいけど起きれない 目覚まし時計よりも効果的な方法

ビジネスで成功している人の多くが取り組んでいるのに「朝活」があります。

本業が忙しく毎日残業しているのに、早起きするなんて難しいと思う人は多いと思います。

 

また、朝活したいけけど出社ギリギリまで寝ている生活リズムが改善できないという場合もあります。

ではどうすれば朝起きれるようになるのでしょうか。

目覚まし時計をセットするよりも効果的な方法とはどんなやり方なのでしょうか。

ここでは朝活したいけど起きれない人に、朝起きれるようになる方法について紹介していきます。

 

朝活で副業したいけど起きれない

朝活をするためには、まずは早起きしない事には始まりません。

しかし、早起きするのは難しくついつい出社時間のギリギリまで寝てしまっています。

 

そもそも朝活にはどんな効果があるのでしょうか。

まずは朝活について紹介していこうと思います。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 朝活の意味
  • 朝活のメリット
  • 朝活時の注意点

それでは詳しく解説していきます。

 

朝活の意味

朝早起きをして仕事までの時間を有効的に活用することを「朝活」と言います。

もともとはイベントやセミナーなどに参加して人と会う事に使っていたりしまいたが、今は勉強したり運動したり趣味の時間にしたりなど、スキルアップに使う時間として朝活と呼ばれるようになりました。

 

Twitterでは2008年頃から「朝活」という言葉が使われ始め、日経ビジネスアソシエでも取り上げられました。

2009年には『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』という書籍が販売され、ベストセラーとなりました。

 

いつもよりも1時間早く起きるだけでも、効果的な朝の時間を過ごす事がでます。

 

朝活のメリット

続いて朝活をするメリットについて紹介します。

メリットを知っておくと、朝活をするモチベーションが上がると思います。

 

朝活のメリットには

  • 今までできなかった事をする時間ができる
  • 仕事の効率が良い
  • 健康に良い

このようなメリットがあります。

 

なにかやりたい事があるけど、やる時間がない。

こんな風に言う人は多いです。

そういった人にオススメなのがやはり朝活です。

 

副業においても時間がなくてできないという人が多いですが、朝活をして1時間でも2時間でも作業すれば稼げるようになります。

 

朝活時の注意点

朝活をする上で早起きは必須になります。

だからと言って睡眠時間を削り、寝不足になってしまうのはダメです。

 

しっかりとした睡眠をとってこそ朝活の効果が得られるのです。

睡眠不足になってしまうと、朝は活動できたとしても昼過ぎ頃からのパフォーマンスが低下しがちです。

これでは朝活して得たものの意味がなくなってしまいます。

 

最適な睡眠時間には個人差がありますが、7時間ぐらいは睡眠をとった方が良いと思います。

 

目覚まし時計よりも効果的な方法

続いて朝起きれない人がどうやったら起きれるようになるのか紹介します。

朝活しようとして朝無理やり起きるのは効果的ではありません。

 

ではどうすれば効果的で無理なく起床する事ができるのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 睡眠サイクルを作る
  • 夕食時間と献立を意識する
  • 目覚ましカーテンを使う

それでは詳しく解説していきます。

 

睡眠サイクルを作る

まず最初に取り組みたいのは睡眠サイクルを作るという事です。

就寝時間、起床時間を決めルーティン化する事で朝の目覚めも良くなってきます。

 

就寝時間や起床時間が乱れていると体温や代謝のリズムも乱れます。

そうなると睡眠の質や寝つきにも影響してきます。

 

休みの日にお昼ぐらいまで寝てしまったりする事があると思いますが、体の理リズムが崩れる原因となってしまいます。

できるだけ規則正しい生活をする事が朝活を効率良く行う方法の1つです。

 

夕食時間と献立を意識する

次に効果的な方法は夕食時間と献立を意識するという事です。

質の良い睡眠をとるためにも夕食は大切な要素の1つとなります。

 

まずは夕食の時間ですが、睡眠の直前に食事をするのはよくありません。

少なくても就寝の2~3時間前には食事を済ませておくのが良いです。

そうしないと食べたものが体内で消化されないので、睡眠の質に影響してきます。

 

また食べる物はカフェインやアルコールを含むものはなるべく摂取しないようにしましょう。

これらは睡眠を浅くしてしまう原因となるので、睡眠の質が下がってしまいます。

 

夕食はなるべく消化の良いものを食べるようにしましょう。

睡眠をサポートしてくれるタンパク質を中心に食事をすると良いと思います。

 

目覚ましカーテンを使う

最後に紹介する内容は「目覚ましカーテン」を使うという事です。

朝起きるために目覚まし時計を何個もセットしているなんてことはしていませんか?

正直目覚まし時計をいくつセットしても効果は低いです。

 

そこで使用するのが目覚ましカーテンです。

よくテレビドラマなどで朝起きない子供を母親が起こしに来て、カーテンを開けるシーンを見たことがないでしょうか。

カーテンを開け太陽の光を取り入れる事で脳が刺激され、目覚めやすい効果があります。

これは目覚まし時計を何個もセットするよりも効果的に目覚められる方法です。

 

目覚ましカーテンは時間をセットしておくと、その時間になると自動でカーテンを開けてくれます。

起床時間にセットすれば起きたい時間にカーテンが開くので、自然と太陽の光を浴びる事ができます。

目覚まし時計でもなかなか起きれない人は目覚ましカーテンを使ってみると良いと思います。

 

朝活で副業したいけど起きれないまとめ

ここでは朝活で副業したいけど起きれない人に効果的に起きれるようになる方法について紹介させて頂きました。

朝活はスキルアップに使う人が多く、ビジネスで成功している多くの人が取り組んでいます。

 

朝活には

  • 今までできなかった事をする時間ができる
  • 仕事の効率が良い
  • 健康に良い

このようなメリットがあります。

 

しかし、睡眠をしっかりとらないで朝活をしてしまうと睡眠不足となりかえって逆効果となりがちです。

そうならないためにも睡眠サイクルをしっかりと作り、寝る前の夕食にも気を遣うようにしましょう。

 

また、朝起きるために目覚まし時計をたくさんセットしているという人がいると思いますが、あまり効果的ではありません。

目覚ましカーテンを使用して、起床時間に合わせて太陽の光を浴びる事が効果的に起きれる方法になります。

朝起きれない人は目覚ましカーテンを使ってみると良いと思います。