楽天ポイントせどりで失敗 初心者にありがちな事例を紹介

  • 2021年3月10日
  • 物販
  • 3View
  • 0件

物販には色々な種類がありますが、楽天ポイントせどりは初心者でも利益が出しやすく人気の高いビジネスになります。

副業として楽天ポイントせどりを始めている人も増えてきています。

 

しかし、中には失敗してしまい赤字になってしまったという事もあります。

ではどんな失敗をして赤字になってしまったのでしょうか。

初心者にありがちな失敗事例はどんな事があるのでしょうか。

ここでは楽天ポイントせどりの失敗事例を紹介していきます。

 

楽天ポイントせどりで失敗

楽天ポイントせどりで失敗してしまうのは単純なミスが多いです。

特に初心者のうちはやってしまう人を見かけます。

 

ではどんな内容で失敗する事が多いのでしょうか。

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • ポイント還元率を上げない
  • ポイントを利益として加味する
  • 販売する商品の経費を考慮して仕入れる

それでは詳しく解説していきます。

 

ポイント還元率を上げない

楽天ポイントせどりで重要になってくるのは還元率です。

還元率を上げる方法は2つあり、SPUとキャンペーンです。

 

SPUはスーパーポイントアッププログラムの略で、最大で16%還元されます。

最大にするのは難易度が高いですが、出来る限り16%を目指して還元率をあげる必要があります。

低い還元率でせどりをやっていると、その分損してしまう事になります。

 

SPUを上げる方法についてはコチラで詳しく解説しています。

➡楽天ポイントせどりSPU攻略方法 初心者から上級者まで使える還元率を上げるやり方

 

次にキャンペーンやイベント期間を活用する事です。

楽天市場では定期イベントや不定期イベントが数多く開催されています。

その数はあのAmazonよりも多いです。

 

商品を仕入れる時はこのイベントを上手く活用して仕入れる事が重要です。

イベントを活用せずに商品を仕入れてしまうと、その分のポイントを損してしまいます。

 

楽天市場で押さえておきたいイベントやキャンペーンはコチラで紹介しています。

➡楽天ポイントせどりで還元率を上げる方法 知っておきたいイベントやキャンペーンを紹介

 

ポイントを利益として加味する

楽天ポイントせどりは名前の通り、ポイントを利益として加味しなくてはなりません。

基本的に商品を仕入れてそれを販売するだけではほとんど利益ができません。

赤字にならなければいいや程度です。

 

商品を販売したときに利益を出すのではなく、購入した時のポイントで利益を出します。

ですので、還元されたポイントを利益として計上する必要があります。

 

ポイントを利益として計上していないと、ほとんど利益が出ていない計算となってしまい、楽天ポイントせどりは稼げない、儲からないという事になってしまいます。

 

販売する商品の経費を考慮して仕入れる

楽天ポイントせどりだけではなく他の物販においてもそうですが、商品を販売する時の販売手数料、送料も考慮して仕入れをしないといけません。

1,000円で仕入れたものを1,000円で販売したらプラスマイナス0円と計算していたら赤字になってしまいます。

 

メルカリで販売した場合はプラットホームの手数料が10%かかります。

さらに送料がかかってくるので、この分を踏まえて商品を仕入れる必要があります。

 

よくありがちなのが送料の計算ミスをしてしまう事です。

ギリギリ発送できる送料で計算するよりも、少し高めに見積もって仕入れた方がリスクが軽減できます。

 

商品を仕入れる時は必ずプラットホームの手数料と送料を加味して計算するようにしましょう。

 

初心者にありがちな事例を紹介

続いて実際にあった失敗事例を紹介します。

誰にでも失敗はありがちですが、特に初心者に多かった事例になります。

 

ではどんな事が初心者が失敗しやすいのでしょうか。

ここで紹介する失敗事例は下記の通りです。

  • エントリーを忘れる
  • ポイントの獲得上限を超えてしまう
  • 期間限定ポイントを失効してしまう

それではそれぞれ解説していきます。

 

エントリーを忘れる

まず最初に紹介する内容はイベントやキャンペーンにエントリーするのを忘れてしまうという事です。

基本的にイベントやキャンペーンにエントリーする時は、エントリーボタンを押してエントリーする必要があります。

 

せっかくイベント期間を活用して仕入れたのに、エントリーボタンを押していないとエントリーした事になっていません。

商品を購入するときは必ず開催中のイベントにエントリーしているか確認してから購入する様にしましょう。

 

間違えて購入してしまったからと注文をキャンセルすると、いたずら注文などとお店側が思ってしまい楽天運営に通報される事があります。

そうなるとアカウント停止リスクが高まってしまうので、キャンセルするのは危険があります。

 

ポイントの獲得上限を超えてしまう

続いて紹介する失敗事例はポイントの獲得上限を超えてしまうという事です。

基本的に楽天市場で開催されているイベントやキャンペーンにはポイントの上限があります。

 

ポイントが上限を超えた分は加味されないので、余計な仕入れをしてしまったという事になってしまいます。

そうならないためにも、開催されているポイントの上限を事前に確認し、ポイントが上限になるのはいくらまで仕入れができるのか確認しておきましょう。

 

期間限定ポイントを失効してしまう

最後に紹介する失敗事例は期間限定ポイントを失効してしまうという事です。

楽天の様々なサービスで獲得できるポイントを楽天スーパーパイントと言いますが、この楽天スーパーポイントには2種類あります。

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

大きく分けるとこちらの2種類になります。

 

問題なのは期間限定ポイントです。

これは使用期間が決まっているポイントになるので、期間が過ぎると失効してしまいます。

 

ポイントが失効してしまうと復活させる事はできません。

ですので、せっかく獲得したポイントが無駄になってしまいます。

 

そうならないためにも、ポイントの管理をしっかりと行う必要があります。

 

楽天ポイントせどりで失敗まとめ

ここでは楽天ポイントせどりで初心者にありがちな失敗事例を紹介させて頂きました。

 

特に初心者が失敗しやすい内容で紹介させて頂いたのは

  • ポイント還元率を上げない
  • ポイントを利益として加味する
  • 販売する商品の経費を考慮して仕入れる

以上3つの内容になります。

 

楽天ポイントせどりは名前の通りポイントで稼ぐという手法になります。

ですので、ポイントを利益として加味し出来るだけ多い還元率で商品を購入する事が大切になります。

 

初心者にありがちな失敗事例では

  • エントリーを忘れる
  • ポイントの獲得上限を超えてしまう
  • 期間限定ポイントを失効してしまう

こちらの3つの事例を紹介させて頂きました。

 

どれもしっかりと確認すれば防げる内容です。

確認せずに作業をしているとやりがちなミスなので、確認作業はしっかりと行いましょう。

 

確認するクセを付けるとミスも減り、効率良く作業ができるようになります。