サラリーマンが年収を上げるためにやってはいけない事3選

サラリーマンをやっていると多くの人が思うのが年収を増やしたいという事です。

年収が多いと生活が豊かになりますし、1つのステータスにもなります。

年収が多いというのは世間で評価されやすいポイントでもあるので、年収は多い方が良いというのが一般的な思考です。

 

しかし、年収を上げるためにやってはいけない事があります。

ではどんな事が年収をあげるためにやってはいけない事なのでしょうか。

ここではサラリーマンが年収を上げるためにやってはいけない事3選について紹介します。

 

サラリーマンの年収について

そもそもサラリーマンの年収はどのぐらいが平均なのでしょうか。

まずは色々な分野にてサラリーマンの平均年収を見ていきたいと思います。

 

ここで紹介する内容は下記の通りです。

  • 年齢別で見る年収平均
  • 職業別で見る年収平均
  • 都道府県別に見る年収平均

それでは詳しく解説していきます。

 

年齢別で見る年収平均

まずは年齢別で平均年収を見ていきましょう。

 

男性の平均年収

  • 20代:371万円
  • 30代:484万円
  • 40代:573万円
  • 50代以上:661万円

 

女性の平均年収

  • 20代:321万円
  • 30代:377万円
  • 40代:403万円
  • 50代以上:431万円

 

全体の平均年収

  • 20代:348万円
  • 30代:444万円
  • 40代:510万円
  • 50代以上:613万円

 

こちらが年齢別で見る平均年収になります。

ご自身の年収と比較してみてどうでしょうか。

 

職業別で見る年収平均

続いて業種別での平均年収を見ていきましょう。

 

  • 専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人):601万円
  • 企画/管理系:516万円
  • 技術系(電気/電子/機械):461万円
  • 技術系(IT/通信):452万円
  • 営業系:442万円
  • 技術系(建築/土木):428万円
  • 金融系専門職:426万円
  • 技術系(メディカル/化学/食品):411万円
  • クリエイティブ系:381万円
  • 事務/アシスタント系:332万円
  • 販売/サービス系:329万円

こちらが業種別での平均年収になります。

 

都道府県別に見る年収平均

最後に都道府県別で見てみましょう。

住まいによって平均年収も変わってくるので、参考にして頂ければと思います。

 

  • 関東:429万円
  • 東海:400万円
  • 関西:389万円
  • 中国・四国:381万円
  • 北信越:376万円
  • 北海道・東北:371万円
  • 九州・沖縄:369万円

こちらが都道府県別の平均年収となります。

 

サラリーマンが年収を上げるためにやってはいけない事3選

様々な平均年収を見てみて、自分の年収が平均よりも低いとなったら年収を上げたいと思います。

また、平均以上貰っていたとしても更に年収を増やしたいと思う人も多くいます。

 

しかし、年収を上げたいからとやってはいけない事もあります。

なぜやってはいけないのでしょうか。

 

ここで紹介するやってはいけない事3選は

  • 残業、休日出勤する
  • 出世する
  • 転職する

それでは詳しく解説していきます。

 

残業、休日出勤する

まず給料を増やそうとすぐにやりがちなのが残業や休日出勤をするという事です。

たしかに手っ取り早く給料を増やせる方法ではありますが、生産性がありません。

 

この方法は自分の時間を対価にして給料を増やすという方法なので、給料がたくさん貰えても幸福度が高くはなりません。

最初のうちは良いかも知れませんが、長い期間この方法で給料を増やすとなるとかなり厳しくなります。

 

また急な出費などがあり、すぐにお金が必要と言う場合もこの方法はありだと思います。

しかし、長い目で見た時に毎回残業したり休日出勤して給料を増やすのはオススメな方法ではありません。

 

出世する

続いてやってはいけない方法が出世するという事です。

会社の上司をみると、給料をたくさん貰っている人がいると思います。

 

そのため自分も出世してたくさん給料を貰おうと日々仕事を頑張ったりするものです。

出世して給料を多く貰う事事態は悪い事ではありませんが、ここで何故オススメしないかというと出世できる保証がないという事です。

頑張って確実に出世できるなら良いのですが、頑張って出世できる程サラリーマンは甘くはありません。

 

今まで順調に業務をしていても、たった1回のミスで出世が厳しくなってしまう事もあります。

そうなると今まで何年、何十年と積み重ねてきたものが一瞬で水の泡となってしまいます。

 

出征して給料を増やそうという思考はリスクが高く、可能性の低い方法となるのでオススメではありません。

 

転職する

最後に紹介する方法は転職するということです。

たしかに転職は年収をあげるために有効な手段として取り上げられている事が多いです。

 

しかし、なかなか現状よりも良い待遇で新しい転職先を見つけるのは難しいです。

仮に良い待遇の転職先が見つかったとしても、職場の環境や労働時間などが今より悪くなってしまったら長続きはしません。

瞬間的に年収は良くなりますが、厳しい環境の中仕事をするのは困難です。

 

となると転職するという方法もあまりオススメではなく、リスクの高い方法と言えます。

 

サラリーマンが年収を上げるためにやってはいけない事3選まとめ

ここではサラリーマンが年収を上げるためにやってはいけない事3選を紹介させて頂きました。

まずはサラリーマンの平均年収がどのくらいなのかを年齢別、業種別、都道府県別にて紹介させて頂きました。

やはり社会人として仕事をしている以上、平均年収よりも給料が欲しい所です。

 

年収をあげるためにやってはいけない事3選では

  • 残業、休日出勤する
  • 出世する
  • 転職する

 

こちらがやってはいけない事3選になります。

 

残業や休日出勤は短期でみたらありかも知れません。

しかし、長い期間その方法で給料を上げるというのは生産性や再現性がなく身体がきついだけになってしまいます。

 

出世するという方法はたしかに出世できれば給料が増えます。

しかし、必ず出世できるという保証がないのでリスクが高い方法と言えます。

たった1回のミスで今まで積み上げてきたもの全てを失ってしまう事もあります。

 

最後の紹介した転職するという方法ですが、これも転職した瞬間はたしかに給料が増えます。

しかし、その後増える保証はないですし、新しい職場環境で長く仕事ができるという保証もありません。

ですので、この方法もリスクが高い方法と言えます。

 

ではどうやってサラリーマンは年収を上げれば良いのでしょうか。

こちらで詳しく紹介しているのでご覧頂ければと思います。

➡サラリーマンが年収を上げるには?実践できるオススメな行動と方法とは